Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

最新版IEへの自動アップグレードを3月中旬に実施 - セキュリティ向上など理由に

日本マイクロソフトは、国内において同社ブラウザ「Internet Explorer」の自動アップデートを3月中旬より開始する。

「Windows XP」「同Vista」「同7」など、現在、サポート中のOSを対象に、サポートする最新ブラウザへの自動アップデートを、「Windows Update」により実施するもの。海外ではすでに開始している。

同社では、今回実施するアップデートの理由について、「セキュリティ対策」をはじめ、「エクスペリエンス向上」「ウェブ開発者の負荷軽減」「業界のトレンド」を理由に挙げている。

同社では、Windowsのサポート期間中は、プリインストールされているIEについても引き続きサポートを続ける方針で、自動アップグレード後にアンインストールし、元のバージョンに戻すことも可能。自動アップグレードを希望しないユーザーには、自動配布の無効化ツールキットを用意した。

また「Microsoft Windows Server Update Services(WSUS)」「System Center Configuration Manager(SCCM)」「Windows Intune」など管理コンソールによって一元管理している場合や、「IE 8」や「同9」の自動更新にあたり、インストールを拒否している場合は、自動アップグレードの対象とはならない。

(Security NEXT - 2012/03/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

MS、月例パッチで脆弱性67件を解消 - 2件でゼロデイ攻撃が発生
Google、「Windows 10」のゼロデイ脆弱性を公開 - セキュリティ機能をバイパス
IEに未修正の脆弱性、APT攻撃に悪用との指摘
4月のMS月例パッチ、「緊急」22件含む脆弱性65件を修正
MS、3月の月例パッチを公開 - 74件の脆弱性を解消
MS、月例パッチで50件の脆弱性を修正 - 一部公開済みの脆弱性も
Flashゼロデイ脆弱性に北朝鮮関与 - 11月中旬より悪用
MS、ブラウザ同梱版「Flash Player」向けに定例外更新
MS、ゼロデイ脆弱性の修正含む月例パッチを公開 - 公開済み定例外パッチにも注意を
MS、CPU脆弱性緩和策で定例外パッチ - セキュリティ対策ソフトとの互換性問題も