Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

サポート終了も1割強が業務でIE利用 - 35%はEdgeのIEモード

現地時間6月15日にブラウザ「Internet Explorer(IE)」のデスクトップアプリケーションのサポートが終了したが、組織の1割強がIEを引き続き利用している。

バルテスが、6月28日から7月15日にかけて、同社が運営するプラットフォームを通じてオンラインアンケートを実施し、結果を取りまとめたもの。企業や事業所に所属する440人が回答した。

「IE」環境に依存したコンテンツの閲覧に影響が出ており、同調査では回答時点で12%が業務に「IEを使用している」と答えた。

デスクトップアプリのサポート終了を受け、マイクロソフトでは後継ブラウザ「Microsoft Edge」に「IE」の描画エンジン「Trident」を実装した「IEモード」を用意している。同調査において35%は同モードを使用していると回答した。

「IE」や「IEモード」の使用している207人に理由を尋ねたところ、65%が「社内の業務システム上利用せざるを得ない」と回答。「顧客対応で必要(17%)」「自分が使い慣れている(8%)」「社内で使うよう決められている(5%)」が続いた。

(Security NEXT - 2022/08/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

サーバがランサム被害、情報流出の有無は判断つかず - 住和港運
VMware製IDアクセス管理製品の脆弱性を狙うあらたな悪用コードが公開
「Adobe Acrobat/Reader」に深刻な脆弱性 - アップデートにて修正
MSが月例パッチを公開、脆弱性121件に対処 - ゼロデイ脆弱性を修正
MS、約2年7カ月を経てゼロデイ脆弱性「Dogwalk」を修正 - すでに悪用も
漁協直売店で「Emotet」感染 - 通販サイトのメールが流出
「かながわ旅割」に参加する旅行業者宛のメールで誤送信 - 神奈川県
申請書ファイルに個人情報、変換元ファイルをサイトに誤掲載 - 加須市
「電力需給ひっ迫注意報」に便乗するフィッシング攻撃が発生
フィッシングサイトの多いブランド、「au」がグローバルで6位に