Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Javaの深刻な脆弱性に注意、アップデートを - 攻撃ツール登場のおそれも

Java実行環境である「JRE」および開発キット「JDK」に複数の脆弱性が見つかった問題で、脆弱性の再現性を確認したNTTデータ先端技術は、アップデートを呼びかけている。

同社が検証を実施したのは、Deploymentサブコンポーネントに含まれている脆弱性「CVE-2012-0500」。悪意ある「JNLPファイル」を処理すると、脆弱性により任意のコードが実行される可能性がある。

ウェブ上の細工が施された「Javaアプレット」や「Java Web Startアプリケーション」へ誘導するといった攻撃が懸念され、Oracleでは「CVE-2012-0500」を含む14件の脆弱性を修正するため、アップデートを2月14日より公開している。

今回脆弱性について検証を実施したNTTデータ先端技術の辻伸弘氏によれば、エクスプロイトは出たばかりで、脆弱性を悪用した攻撃は、3月1日の時点で確認されていないという。しかし、今後エクスプロイトキットに利用されるおそれがあると同氏は指摘する。

また同氏は「Java」に関して、「Adobe Reader」の脆弱性と比較すると悪用が増加しているとのデータもあるとして、注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2012/03/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Fluentd」向けプラグイン「parse Filter Plugin」に脆弱性
MSのマルウェアスキャンエンジンに深刻な脆弱性 - 定例外アップデートを実施
脆弱性2件を修正した「OpenSSL 1.0.2n」がリリース
多数メールクライアントに送信者偽装できる「Mailsploit」が判明 - 送信ドメイン認証では防げず
「iOS 11.2」では脆弱性14件を解消 - 「KRACK」の修正対象を拡大
「公的個人認証サービス」のインストーラに再び脆弱性
PwCサイバーサービス、IoT機器の脆弱性検査に特化したラボを開設
Mozilla、「Firefox 57.0.1」で脆弱性2件を解消
複数のバッファロー製ルータに脆弱性 - アップデートが公開
「Apache Struts 2」の「RESTプラグイン」に脆弱性 - DoS攻撃受けるおそれ