Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Javaの深刻な脆弱性に注意、アップデートを - 攻撃ツール登場のおそれも

Java実行環境である「JRE」および開発キット「JDK」に複数の脆弱性が見つかった問題で、脆弱性の再現性を確認したNTTデータ先端技術は、アップデートを呼びかけている。

同社が検証を実施したのは、Deploymentサブコンポーネントに含まれている脆弱性「CVE-2012-0500」。悪意ある「JNLPファイル」を処理すると、脆弱性により任意のコードが実行される可能性がある。

ウェブ上の細工が施された「Javaアプレット」や「Java Web Startアプリケーション」へ誘導するといった攻撃が懸念され、Oracleでは「CVE-2012-0500」を含む14件の脆弱性を修正するため、アップデートを2月14日より公開している。

今回脆弱性について検証を実施したNTTデータ先端技術の辻伸弘氏によれば、エクスプロイトは出たばかりで、脆弱性を悪用した攻撃は、3月1日の時点で確認されていないという。しかし、今後エクスプロイトキットに利用されるおそれがあると同氏は指摘する。

また同氏は「Java」に関して、「Adobe Reader」の脆弱性と比較すると悪用が増加しているとのデータもあるとして、注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2012/03/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Intel プロセッサの「MDS」脆弱性、OSベンダーも対応呼びかけ
Intelプロセッサに「MDS」の脆弱性 - アップデートをリリース
MS、月例パッチで脆弱性79件を解消 - 一部でゼロデイ攻撃が発生
Windowsに深刻な脆弱性、ワームに悪用可能 - 「Windows XP」など旧OSにもパッチ提供
「Adobe Acrobat/Reader」に84件の脆弱性 - アップデートで修正
「Adobe Flash Player」に深刻な脆弱性 - コード実行のおそれ
「WebLogic」に対する攻撃、国内でも多数観測
「Cisco ESC」に深刻な脆弱性 - 管理者権限で操作されるおそれ
CMSの「TYPO3」に脆弱性 - 「Drupal」にも影響
「Oracle WebLogic」に脆弱性、攻撃が発生中 - 早急に更新を