Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

デンソーウェーブ、複製や改ざんを防止する「QRコード」を開発

デンソーウェーブは、複製や偽造、改ざんを防止する「QRコード」の新技術を開発したと発表した。

今回開発したのは、特定スキャナしか読み取ることができない非公開エリア持ち、偽造や改ざんを防止する従来技術「SQRC」へ、さらに特殊なインクを塗布するもので、コピー機やスキャナによる複製を防止する。

今回開発したQRコードについて同社は、普通紙への印字でき、磁気による印字やホログラムよりも安価に印刷できるとしており、金券や偽造品対策などへ活用が可能だと説明している。

同社では、複製防止QRコードを読み取りできる定置式スキャナ「QB30」を3月1日より発売するほか、順次ハンディターミナルなどラインナップを強化していく。

(Security NEXT - 2012/02/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

カスペ、法人向けエンドポイント製品に新版 - 共有フォルダの暗号化防止機能など追加
NEC、制御機器に応用可能な改ざん検知技術 - 4Kバイトと軽量
DNPとNTTコム、IoT機器向けに耐タンパ性備えたセキュリティSIM
SSK、3億円投じて大阪にSOC開設 - MSSなどを提供開始
サイト改ざんやマルウェア感染を通知するサービス - デジタルアーツ
富士通SSL、IoTや組込機器向けに不正プログラム対策 - 製造メーカーへ供給
サービス全体を対象としたIoT脆弱性診断 - サイバートラスト
米HPE Software、バックアップの集中管理ソリューション - 改ざん防止機能も
セキュアブレイン、インフラやウェブアプリの脆弱性診断サービス
大商、ワンコインのセキュリティ支援サービス - 中小企業向けに提供