Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

EDR運用サービスに復旧支援対応など追加 - NRIセキュア

NRIセキュアテクノロジーズは、「マネージドEDRサービス」のサービスメニューを強化し、「復旧支援対応」と「ログ長期保存対応」など機能を追加した。

パソコンやサーバなどに導入したEDR製品の管理運用を代行するマネージドサービスの機能を強化したもの。

「復旧支援対応」では、リモートよりマルウェアなど不正なファイルの除去や改ざんされたレジストリの修正などを同社が実施。

また「ログ長期保存対応」では、EDR製品よりログをダウンロードし、個別に保存することで、EDRのログ保存期間の制限を超えて、任意の期間について保存し、調査などに活用することが可能となる。

(Security NEXT - 2021/02/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

McAfee製EDRの不審活動対処機能に脆弱性 - アップデートで修正
ランサム感染判明前日に外部RDP接続 - 岡野バルブ製造が調査報告
【特別企画】予算や人材不足の中小企業でもあきらめない! - マルウェア被害の縮小化
脆弱性管理など必要時のみ利用できる新ライセンス体系 - エフセキュア
Bluetoothに複数の脆弱性、なりすましや中間者攻撃のおそれ
重要インフラ事業者へランサムウェアについて注意喚起 - NISC
米政府、「Pulse Connect Secure」のゼロデイ脆弱性対応で緊急指令
「サイバーセキュリティお助け隊サービス制度」がスタート - まずは5社から
クラウドのワークロード向け「Carbon Black」に深刻な脆弱性
フィッシングサイト、「偽Microsoft」が最多 - 「偽楽天」は3Qに急増