Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Windows Vista」と「Windows 7」のサポートが5年間延長

日本マイクロソフトは、「Windows Vista」および「Windows 7」について、サポート期間を5年間延長した。

従来より、「Enterprise」「Business」などビジネス向け製品については5年間延長していたが、今回の発表により、個人向け製品やOEMなどすべてのエディションが対象となった。発売から5年間のメインストリームサポートと延長サポートあわせて、10年間のサポートが提供される。

具体的には、2012年4月10日にメインストリームのサポートを終了する「Windows Vista」については、2017年4月11日まで延長。「Windows 7」については、2020年1月14日までサポートする。サポート期間中は、セキュリティ更新プログラムが提供される。

現在サポート中のOSで、もっとも古い「Windows XP」については、すでに延長サポート期間に入っており、2014年4月8日に終了となる予定。

(Security NEXT - 2012/02/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ボランティア交流センターのサイトに大量アクセス、当面停止に - 福岡市
脆弱性検査ツール「Metasploit Express」、2019年6月にサポートが終了
IoT機器の無線通信「Z-Wave」のペアリング時に通信傍受のおそれ
D-Link製の一部ルータにバックドアが判明 - サポート終了で修正予定なし
攻撃狙う「Cisco Smart Install」は「デフォルトで有効」 - IOS利用者は注意を
「MyEtherWallet」装うフィッシング攻撃に注意 - 複数URLで稼働
暗号化メールが外部漏洩する「EFAIL」の脆弱性 - 多数メールクライアントに影響
富士通、セキュリティサービスを拡充 - ダークウェブの脅威情報分析など
「Firefox 60」がリリース、深刻な脆弱性2件などあわせて26件を修正
2018年1Qの不正アクセス届出は11件、7件で被害 - 「不正ログイン」相談は52件