Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Windows Vista」と「Windows 7」のサポートが5年間延長

日本マイクロソフトは、「Windows Vista」および「Windows 7」について、サポート期間を5年間延長した。

従来より、「Enterprise」「Business」などビジネス向け製品については5年間延長していたが、今回の発表により、個人向け製品やOEMなどすべてのエディションが対象となった。発売から5年間のメインストリームサポートと延長サポートあわせて、10年間のサポートが提供される。

具体的には、2012年4月10日にメインストリームのサポートを終了する「Windows Vista」については、2017年4月11日まで延長。「Windows 7」については、2020年1月14日までサポートする。サポート期間中は、セキュリティ更新プログラムが提供される。

現在サポート中のOSで、もっとも古い「Windows XP」については、すでに延長サポート期間に入っており、2014年4月8日に終了となる予定。

(Security NEXT - 2012/02/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

AI導入のガバナンス構築やリスク評価を支援 - PwCあらた
監視やインシデント対応の自動化支援サービス - NRIセキュア
PHPがセキュリティアップデート - 5.6系と7.0系がサポート終了へ
米Dellに不正アクセス、フォレンジック調査の結果を公表
小規模事業所向けにセキュリティGWのMSS - 富士ゼロックス
「Apache Struts 2.3」系、2019年5月にサポート終了 - 移行の検討を
@nifty装うフィッシング - メールボックスの容量超過とだます手口
「偽警告」「不正ログイン」の相談、減少するも依然多くの相談
開発から運用まで保護するコンテナ向けセキュリティ製品 - クリエーションライン
常時SSL/TLS採用の国内企業サイトは約2割 - 大学と銀行で半数強