Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

G Data、企業向けセキュリティソフトの最新版を発売 - アプリ制御備えた新製品を投入

G Data Softwareは、ダブルスキャンエンジンを搭載した法人向けウイルス対策製品の最新版を発売した。今回のバージョンより内部統制機能を備えた新製品「G Data Endpoint Protection Business ver.11」をラインナップに追加している。

最新版では、未知のファイルに対応する「ふるまい検知機能」を強化したほか、クラウドによりファイルをリアルタイムにスキャンする「ファイルクラウド」機能を搭載。またアクティブディレクトリとの親和性や管理画面の操作性を向上させた。

ラインナップは3製品で、「G Data AntiVirus Business ver.11」は、マルウェア対策や詐欺サイト対策機能に特化した製品。サーバやクライアント端末の管理に対応している。5台から9台利用時の価格は、5500円/台。

一方「G Data ClientSecurity Business ver.11」では、マルウェア対策機能などにくわえ、ファイアウォールを搭載。迷惑メールのフィルタリングにも対応している。5台から9台利用時の価格は、5900円/台。

新製品となる「G Data Endpoint Protection Business ver.11」は、マルウェア対策、ファイアウォールから内部統制機能までカバー。5台から9台利用時の価格は、9600円/台。

利用するアプリケーションやファイル、フォルダの制御が可能。さらにデバイスコントロールにより、USBメモリなどの制御に対応した。また閲覧するウェブコンテンツをカテゴリで制御したり、ネット利用時間の管理を行うことができる。

(Security NEXT - 2012/01/31 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「ESXi」「Workstation」などにゲストOS向けの「Spectre」緩和策
チューリッヒ、IoT化進む製造業向けにサイバー保険 - 製造ライン停止による逸失利益など補償
制御システム安全装置狙う「Triton」を検知 - 大規模攻撃の準備段階で失敗か
シスコ、iOS向けにアクセスを可視化するセキュリティアプリ
富士通SSL、IoTや組込機器向けに不正プログラム対策 - 製造メーカーへ供給
コネクテッドカーへのサイバー攻撃、約8割「標的になると思う」
安川情報システム、工場向けに特化したセキュリティソリューション
「制御システムリスク分析ガイド」に「活用の手引き」 - IPA
スマホ向けゲームでユーザー位置情報などが外部から閲覧可能に
BlackBerry、コネクテッドカーのセキュリティでフレームワーク