Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

G Data、企業向けセキュリティソフトの最新版を発売 - アプリ制御備えた新製品を投入

G Data Softwareは、ダブルスキャンエンジンを搭載した法人向けウイルス対策製品の最新版を発売した。今回のバージョンより内部統制機能を備えた新製品「G Data Endpoint Protection Business ver.11」をラインナップに追加している。

最新版では、未知のファイルに対応する「ふるまい検知機能」を強化したほか、クラウドによりファイルをリアルタイムにスキャンする「ファイルクラウド」機能を搭載。またアクティブディレクトリとの親和性や管理画面の操作性を向上させた。

ラインナップは3製品で、「G Data AntiVirus Business ver.11」は、マルウェア対策や詐欺サイト対策機能に特化した製品。サーバやクライアント端末の管理に対応している。5台から9台利用時の価格は、5500円/台。

一方「G Data ClientSecurity Business ver.11」では、マルウェア対策機能などにくわえ、ファイアウォールを搭載。迷惑メールのフィルタリングにも対応している。5台から9台利用時の価格は、5900円/台。

新製品となる「G Data Endpoint Protection Business ver.11」は、マルウェア対策、ファイアウォールから内部統制機能までカバー。5台から9台利用時の価格は、9600円/台。

利用するアプリケーションやファイル、フォルダの制御が可能。さらにデバイスコントロールにより、USBメモリなどの制御に対応した。また閲覧するウェブコンテンツをカテゴリで制御したり、ネット利用時間の管理を行うことができる。

(Security NEXT - 2012/01/31 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

スマートファクトリーのセキュリティ対策評価フレームワークを開発 - KPMG
1週間に2400件超のサイト改ざん - 詐欺サイト誘導の踏み台に
XMLだけでCABSとのAPI連携が可能となるプログラム - マカフィー
管理甘い「Cisco Smart Install Client」の探索行為が増加 - 警察庁が注意喚起
NoSQL DB「Redis」を狙うアクセスが増加 - マイニングマルウェアの感染狙いか
「OneDrive」「Skype」などMS製複数アプリに脆弱性 - 修正は次期バージョン以降
WordPress向けメンバー管理プラグインに複数の脆弱性
水位監視カメラ2台に不正アクセス、制御不能に - 八千代市
2018年1Qの脆弱性登録は3113件 - Linux関連が上位に
IEに未修正の脆弱性、APT攻撃に悪用との指摘