Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

G Data、企業向けセキュリティソフトの最新版を発売 - アプリ制御備えた新製品を投入

G Data Softwareは、ダブルスキャンエンジンを搭載した法人向けウイルス対策製品の最新版を発売した。今回のバージョンより内部統制機能を備えた新製品「G Data Endpoint Protection Business ver.11」をラインナップに追加している。

最新版では、未知のファイルに対応する「ふるまい検知機能」を強化したほか、クラウドによりファイルをリアルタイムにスキャンする「ファイルクラウド」機能を搭載。またアクティブディレクトリとの親和性や管理画面の操作性を向上させた。

ラインナップは3製品で、「G Data AntiVirus Business ver.11」は、マルウェア対策や詐欺サイト対策機能に特化した製品。サーバやクライアント端末の管理に対応している。5台から9台利用時の価格は、5500円/台。

一方「G Data ClientSecurity Business ver.11」では、マルウェア対策機能などにくわえ、ファイアウォールを搭載。迷惑メールのフィルタリングにも対応している。5台から9台利用時の価格は、5900円/台。

新製品となる「G Data Endpoint Protection Business ver.11」は、マルウェア対策、ファイアウォールから内部統制機能までカバー。5台から9台利用時の価格は、9600円/台。

利用するアプリケーションやファイル、フォルダの制御が可能。さらにデバイスコントロールにより、USBメモリなどの制御に対応した。また閲覧するウェブコンテンツをカテゴリで制御したり、ネット利用時間の管理を行うことができる。

(Security NEXT - 2012/01/31 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「セキュアSAMBApro」にオンプレミス版 - 「QNAP」採用
Dell製ネットワーク管理製品に複数の脆弱性 - 10月のアップデートで修正済み
攻撃シナリオを自動生成、仮想環境の模擬実験でリスク診断する技術 - NEC
金属加工用制御機器にマルウェア、2年間潜伏 - 開発時に感染か
NECとCSSC、制御システム向けにリスク評価サービス
NRIセキュア、特権ID管理製品に新版 - 自動遮断やマルチテナントに対応
制御システムのCTF、11月に予選開催 - Kaspersky Lab
Windowsのログオン制御ソフトに認証回避の脆弱性
2018年3Q、脆弱性DBへの登録は3834件 - IPA
2018年3Qはインシデント件数が減少 - ウェブ改ざんが3分の2近くに