Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

IPAが標的型攻撃の事例を分析、対策を取りまとめ

情報処理推進機構(IPA)は、多発する標的型攻撃に関する事例分析と対策をまとめたレポートを公開した。同機構のサイトからダウンロードできる。

「標的型サイバー攻撃の事例分析と対策レポート」では、特定の企業や組織からの情報窃取を目的とした標的型サイバー攻撃について、その典型的な事例を分析。対応するうえでの課題や、総合的な対策をまとめた。

より深い分析を行うための参考事例として2011年に発生した大手重工メーカーへの攻撃を取り上げたほか、攻撃情報を共有し早期対策を進める取り組み「サイバー情報共有イニシアティブ(J-CSIP)」に言及している。

また同機構が提供している「MyJVNバージョンチェッカ」や「icat」などを対策ツールとして紹介している。

(Security NEXT - 2012/01/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

北朝鮮サイバー攻撃の脅威データを「STIX」で公表 - 「FALLCHILL」「Volgmer」の感染チェックを
セキュリティ競技大会「Trend Micro CTF 2017」、6月に予選開催
MS&AD、中小企業向けに「プラン型」サイバー保険
カスペ、Linuxメールサーバ向け製品に新版 - マクロウイルス対策など追加
標的型攻撃の相談は減少するも緊急レスキュー支援は増加
J-CSIP、「やりとり型」の標的型攻撃を確認 - 日本語ばらまき型メールも巧妙化
PFU、不正端末検知製品を強化 - マルウェア検知機能など追加
ASEAN向けにサイバーセキュリティ演習を実施
「Flash Player」が緊急アップデート - ゼロデイ攻撃が発生
2017年3Q、「ウェブ改ざん」が大幅減 - 「フィッシング」「マルウェアサイト」は増加