Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

請求画面表示する「ワンクリウェア」で逮捕者

京都府警は、ウイルスを利用して画面上にアダルトサイトの料金請求画面を表示させていた広告会社役員ら6人を、不正指令電磁的記録供用の容疑で逮捕した。

ウェブサイト上で「動画再生」などと書かれたボタンをクリックさせたユーザーに、金銭を請求する画面を表示させる不正プログラムを動作させた疑いが持たれているもの。関連サイト数は118件、被害額は少なくとも1200万円に上るとみられている。

プログラムの解析など捜査に協力したトレンドマイクロは、こうした詐欺で用いられる「ワンクリウェア」などと呼ばれるウイルスが多く出回っていると指摘。

ファイルの中身を容易に変更できるため、セキュリティ対策ソフトに検出されるか確認した上で配布することができ、従来の定義ファイルによる検知では対応が難しい現状だという。

クラウドやレピュテーションといったあらたな技術で対抗するなど「いたちごっこ」の状態が生まれているとして、今回のような攻撃者の検挙が、あらたな攻撃発生の抑止力となり、問題解決につながることへの期待感を示している。

(Security NEXT - 2012/01/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「ランサムウェア」関連の相談が大幅減 - 一方で被害も
「ランサムウェア」関連の相談が約6倍に - 67件で被害
「詐欺被害相談サイト」に見せかけた架空請求に注意を - 電話番号でSEOか
IPAへの年間相談は1.6万件弱、ランサム関連311件 - 復号で修理業者による高額請求も
「ウイルス検出」とだます偽警告、相談件数が高水準で推移
IPAが10大脅威を選出 - 注目集めるランサムウェア
「ウイルス検出」とだます偽警告、1年間で約15倍に
女性スマホ利用者、セキュリティ対策「していない」「わからない」が半数超
ランサム被害者の15%が支払に応じる - 5万円以上が3割超
アダルト請求解決装う業者に注意 - 検索結果から誘導