Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

リムーバブルメディア経由の感染が依然としてまん延 - ESETレポート

キヤノンITソリューションズは、ESETが2011年11月にマルウェアの追跡システム「ThreatSense.Net」で検知したマルウェアの状況について発表した。

ESETがまとめたマルウェアランキングによると、トップ10に目立った変動はなく、圏外から浮上したものはなかった。

1位は前月と変わらず「INF/Autorun」。2位の「Win32/Dorkbot」や5位の「Win32/Conficker」、6位の「Win32/Autoit」など、リムーバブルメディア経由で感染するマルウェアが上位を占めている。

3位の「HTML/ScrInject.B」および4位の「HTML/Iframe.B」、9位の「JS/TrojanDownloader.Iframe.NKE」など、ドライブバイダウンロード攻撃に利用されるマルウェアや、「Win32/Sality」や「Win32/Ramnit」などのファイル感染型ウイルスも依然としてランクインしている。

同社が発表したマルウェアのトップ10は以下のとおり。

1位:INF/Autorun
2位:Win32/Dorkbot
3位:HTML/ScrInject.B
4位:HTML/Iframe.B
5位:Win32/Conficker
6位:Win32/Autoit
7位:Win32/Sality
8位:Win32/Ramnit
9位:JS/TrojanDownloader.Iframe.NKE
10位:Win32/PSW.OnLineGames

(Security NEXT - 2012/01/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ランサムウェアを6割が認知するも、4割強はバックアップ未実施
マルウェア感染メールの割合が6カ月連続増加 - 「Locky」の拡散も
2017年3Q、「ウェブ改ざん」が大幅減 - 「フィッシング」「マルウェアサイト」は増加
目立つ「HeartBleed」関連インシデント - ラック報告
検索結果が危険な有名人 - CMでも歌声披露した「あの人」も
8月は家庭向けIoT機器への攻撃が増加 - メキシコ発の攻撃増に起因
2017年上半期の国内ランサムウェア検出、前期から半減
マルウェア感染メールの割合が5カ月連続で上昇 - 「Necurs」復活が影響か
2016年のモバイルセキュリティ市場は65億円 - 5年後には2倍に
2017年2Qは脆弱性への攻撃が増加 - エクスプロイト公開が影響