Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「JNSA賞」の受賞者が決定 - 「MSセキュリティチーム」や「sutegoma2」に特別賞

日本ネットワークセキュリティ協会(JNSA)は、情報セキュリティ分野で社会貢献したり、同協会の発展に寄与した人物や団体を表彰する「JNSA賞」の2011年度受賞者を発表した。

個人の部では、アイネット・システムズの元持哲郎氏が受賞。同協会のワーキンググループ活動で長年リーダーを務め、「出社してから退社するまで 中小企業の情報セキュリティ対策実践手引き」を作成した成果などが評価された。ワーキンググループ部は「情報セキュリティ対策マップ検討WG」が受賞している。

特別賞には、米国と同じタイミングで、日本特有の利用環境を配慮したセキュリティ情報を提供している「日本マイクロソフトセキュリティレスポンスチーム」と、海外のハッキング競技で好成績を収めた「sutegoma2」が、国内のセキュリティ向上に寄与したとして選出された。

またインターネット安全教室を開催し、一般社会のセキュリティ知識向上に貢献したとして「鹿児島インファーメーション」「栃木県シニアセンター」が受賞している。

(Security NEXT - 2011/12/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

アンケート回答で「iPhone Xプレゼント」とだます「偽日本郵便」に注意を
「セキュリティ」テーマの小説コンテストが開催 - 大賞作品は書籍化
セキュリティ分野の総務大臣奨励賞 - 「CODE BLUE」篠田氏など3者が受賞
「SECCON 2017」が開催中 - 国内決勝は学生チームが制す
情セ大、情報セキュリティ文化賞の受賞者6名を発表
写真コンテスト受賞者の個人情報を誤って公開 - 鳥取県
啓発動画やポスターのコンテストを開催 - トレンドマイクロ
JNSA、情報セキュリティ向上への貢献で2名を表彰 - 「セキュ狼」開発のWGも
「SECCON 2017」予選、上位100チームを発表
IPA、小中高生向け啓発コンクールの候補作を選出 - 意見を募集中