Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「JNSA賞」の受賞者が決定 - 「MSセキュリティチーム」や「sutegoma2」に特別賞

日本ネットワークセキュリティ協会(JNSA)は、情報セキュリティ分野で社会貢献したり、同協会の発展に寄与した人物や団体を表彰する「JNSA賞」の2011年度受賞者を発表した。

個人の部では、アイネット・システムズの元持哲郎氏が受賞。同協会のワーキンググループ活動で長年リーダーを務め、「出社してから退社するまで 中小企業の情報セキュリティ対策実践手引き」を作成した成果などが評価された。ワーキンググループ部は「情報セキュリティ対策マップ検討WG」が受賞している。

特別賞には、米国と同じタイミングで、日本特有の利用環境を配慮したセキュリティ情報を提供している「日本マイクロソフトセキュリティレスポンスチーム」と、海外のハッキング競技で好成績を収めた「sutegoma2」が、国内のセキュリティ向上に寄与したとして選出された。

またインターネット安全教室を開催し、一般社会のセキュリティ知識向上に貢献したとして「鹿児島インファーメーション」「栃木県シニアセンター」が受賞している。

(Security NEXT - 2011/12/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「パスワード 1個ばれたら 俺終わる」啓発コンテストの受賞作発表 - マカフィー
IPA、若年層向け啓発コンクールの受賞候補作を公開 - 意見を募集
個人情報保護委、小学生対象に標語コンテストを開催
シネマイレージカード会員の書類が所在不明 - TOHOシネマズ
福島信金でサイト改ざん、マルウェアやサポート詐欺に誘導
総務大臣賞が発表、迷惑メール対策推進協議会や神山氏ら受賞
眠れる「ハッカー」に活躍の場を、「日本ハッカー協会」が設立 - 法的トラブルの対策支援も
7月は不正広告を表示するJavaScriptが1.7倍 - 新亜種が次々開発
セキュリティの川柳や「あるある」競うコンテスト
「Trend Micro CTF 2018」が開催 - 9月に予選、決勝は12月