Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

投資主名簿が所在不明、誤廃棄の可能性 - 平和不動産関連会社

平和不動産リート投資法人の資産運用会社である平和不動産アセットマネジメントにおいて、2010年に吸収合併したジャパン・シングルレジデンス投資法人の投資主名簿などが所在不明になっている。

紛失が判明したのは、同法人の2008年1月31日から2010年1月31日までの各期末、および2010年7月15日時点の投資主名簿写しのほか、2007年7月期から2010年1月期までの未払分配金明細表など。投資主の氏名または名称、住所、保有する投資口数などの情報が含まれるという。

誤って廃棄した可能性が高く、外部流出のおそれは低いと平和不動産リートでは説明している。外部からの問い合わせや、不正利用の報告も確認されていない。

(Security NEXT - 2011/12/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

個人情報含む土地境界確認書を紛失 - 国交省
介護予防事業で同意書など紛失、投函するも見当たらず - 神戸市
県立高校で携帯電話の持込申請書が所在不明 - 岐阜県
在宅業務のためUSBメモリを持ち出し紛失 - 岡山の小学校
顧客情報約250万件含む磁気テープを紛失 - みずほ総研
患者情報含むデジタルカメラが所在不明 - 兵庫県立がんセンター
防犯協会送付用の自転車防犯登録カードを紛失 - 栃木のホームセンター
データの受け渡し過程でバックアップデータ紛失 - 豊橋市
個人情報関連の事務処理ミス19件を公表 - 大阪市
顧客情報記載の領収証を紛失 - 四国ガス燃料