Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ウイルスやデータ漏洩に不安なスマホ利用者が5割超 - 2割はウイルスの存在知らず

スマートフォン利用者の半数以上が、ウイルス感染による不正利用やデータ漏洩に不安を感じている一方、ウイルスの存在をまったく知らないユーザーが約2割にのぼることがわかった。

情報処理推進機構(IPA)が、10月24日から同月31日にかけて国内で15歳以上のPCインターネットユーザーを対象に実施した「情報セキュリティの脅威に対する意識調査」で明らかになったもの。有効回答数は5240件。

111220ip_01.jpg
スマホ利用時の不安要素(グラフ:IPA)

レポートによれば、スマートフォンの利用率は2010年10月の9.3%から18.6%へと上昇。年代別で見ると、20代が30.1%でもっとも多い。利用OSはAndroidが57.2%と半数以上を占め、iPhoneが39.1%。両者で9割以上を占める。

スマートフォンユーザーへ利用時に不安を感じることを聞いたところ、「スマートフォン本体の紛失、盗難」が61.4%で最多。また「ウイルス感染による不正利用」が55.3%と前年度調査の39.5%から大幅に上昇した。「データ盗難・漏洩」も増加し、52.3%だった。

(Security NEXT - 2011/12/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

若年層6割強がセキュリティ対策ソフト未使用 - 4割弱がPW使い回し
フィッシング攻撃が小規模化、誘導先を次々変化 - 対策製品がまにあわないケースも
「偽警告」「不正ログイン」の相談、減少するも依然多くの相談
2018年3Qの脆弱性届出は177件 - ソフトとサイトいずれも増加
子どものスマホ安全対策、約半数が利用せず - 有料アプリ利用は4.6%
ネットユーザーの6割弱がバックアップ未実施 - 復旧予算は5000円以下が8割
7月は不正広告を表示するJavaScriptが1.7倍 - 新亜種が次々開発
「ウイルス検出の偽警告」相談が2.7倍に - 「不正ログイン」関連も増加
2018年1Q、仮想通貨発掘マルウェアが急増 - ランサム攻撃は大幅減
企業3割、標的型攻撃メールを受信 - 17%がマルウェア感染