Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Android狙いのマルウェアはiOSの約5倍 - アプリ開発や販売方法が原因

フォーティネットジャパンは、Androidを狙ったマルウェアの動向について取りまとめた。検知されたマルウェアの件数は、iOSの約5倍にのぼるという。

同社がAndroid端末を対象としたマルウェアの状況を取りまとめたもの。同社が2011年に検知したAndroidマルウェアで最多だったのは「Geinimi」。Androidを対象とした初のボットプログラムで、ユーザーの位置情報を外部に送信し、特定の番号に電話をかけさせるなど端末を制御する。

次いで多かったのが「Hongtoutou」。トロイの木馬が仕掛けられた壁紙で、ユーザーの加入者番号などを盗むとともに、不正サイトに誘導する。3位には、ほかのマルウェアに感染させたり特定のアプリを起動させるボット「DroidKungFu」が続いた。

4位は有料SMSを送信する偽のインスタントメッセンジャー「JiFake」で、5位も同様に有料SMSを送信するトロイの木馬「BaseBridge」だった。

また11月には、Android OS 2.3.6のあらたな脆弱性も発見されている。攻撃を受けると、ルート権限が奪取されるおそれがあるという。

(Security NEXT - 2011/12/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

2017年3Qの脆弱性登録は3695件 - 制御システム関連は99件
「CODE BLUE 2017」の全22講演が決定
リソース消費が多いAndroidアプリランキング、GoogleやSamsungが上位に
カスペ、2016年度は258万台からランサム検知 - 暗号化型が1.6倍
無料人気アプリ、利用者情報取得も半数超がプラポリ記載や同意なし
脆弱性登録は2867件、前四半期比1.8倍 - 「Linux Kernel」が210件で最多
2016年は15万台以上でモバイルランサム検知 - 前年の1.6倍
2月はマルウェアが急増、前月の3倍に - 「Kovter」が活発化
マルウェアメールが大幅減、「Necurs」停滞が影響か - 新種マルウェアは3290万件
JSSEC、「Andorid 7.0」に対応したセキュアコーディングガイド