Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

スマホ利用者の4人に1人は金銭理由にセキュリティ対策実施せず

スマートフォン利用者のうち、セキュリティ対策を実施しているユーザーは4割弱にとどまり、4人に1人は金銭を理由にセキュリティ対策を実施したくないと考えていることがわかった。

ネットマイルとモバイルマーケティング・ジャパンが、スマートフォンを利用するネットマイルの会員を対象にセキュリティに関する意識調査を実施し、結果を公表したもの。有効回答数は959で、利用OSはAndroidが54.6%、iOSが45.4%。

同調査によれば、スマートフォンのセキュリティに疑問や不安を持つかという質問に、10.6%が「よくある」と回答。「たまにある(41.6%)」「何回かある(18.1%)」とあわせると、約7割に達した。29.8%は「ない」と回答した。

ウイルスへの感染経験を尋ねたところ、74.8%が感染経験がなかった。24.9%が「わからない」。さらに0.3%は感染経験があった。

一方、セキュリティ対策の実施状況は、38.5%が対策を実施。3.4%はすぐに対応する予定であると回答した。iPhoneユーザーに限ると、セキュリティ対策を実施しているユーザーは5%だった。

49.9%は「条件によっては検討する」と回答。対策を講じていないユーザーに理由を尋ねたところ、89%が必要だと考えているものの、42.9%が「何をすれば良いかわからない」と回答。

「金銭を払ってまで対策したくない(25.3%)」や「気にしていない(20.8%)」といった理由で対策を実施していないユーザーも多かったという。

(Security NEXT - 2011/12/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

若年層6割強がセキュリティ対策ソフト未使用 - 4割弱がPW使い回し
フィッシング攻撃が小規模化、誘導先を次々変化 - 対策製品がまにあわないケースも
「偽警告」「不正ログイン」の相談、減少するも依然多くの相談
2018年3Qの脆弱性届出は177件 - ソフトとサイトいずれも増加
子どものスマホ安全対策、約半数が利用せず - 有料アプリ利用は4.6%
ネットユーザーの6割弱がバックアップ未実施 - 復旧予算は5000円以下が8割
7月は不正広告を表示するJavaScriptが1.7倍 - 新亜種が次々開発
「ウイルス検出の偽警告」相談が2.7倍に - 「不正ログイン」関連も増加
2018年1Q、仮想通貨発掘マルウェアが急増 - ランサム攻撃は大幅減
企業3割、標的型攻撃メールを受信 - 17%がマルウェア感染