Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

IPA、標的型攻撃対策ガイドを改訂 - さまざまな攻撃手法を整理、RAT対策や対策設計に役立つサンプルも

情報処理推進機構(IPA)は、「『新しいタイプの攻撃』の対策に向けた設計・運用ガイド」の改訂版を公開した。

同ガイドは、昨今問題となっている「標的型攻撃」や「APT(Advanced Persistent Threat)」の対策を収録した資料。

従来のセキュリティ対策では防御が難しい「新しいタイプの攻撃」が発生しているとして、同機構が主催する「脅威と対策研究会」が攻撃を分析し、対策などを取りまとめた。8月より初版を公開しているが、改訂を実施した。

今回公開された改訂2版では、情報流出を防ぐ出口対策として、外部との通信機能を備えたトロイの木馬(RAT)の検知や遮断するための設計手法、重要サーバの防護策など2種類の対策を追加。従来とあわせ、8種類の対策を解説している。

またセキュリティ対策の設計者が、さまざまな手法がある標的型攻撃を正しく認識し、効果的な対策を実施できるよう、攻撃の分類と対策の考え方を解説。さらに工程の検討や設計作業が必要な事項の確認に便利なWBSサンプルを用意している。

(Security NEXT - 2011/12/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

セキュリティ競技大会「Trend Micro CTF 2017」、6月に予選開催
標的型攻撃の相談は減少するも緊急レスキュー支援は増加
J-CSIP、「やりとり型」の標的型攻撃を確認 - 日本語ばらまき型メールも巧妙化
ASEAN向けにサイバーセキュリティ演習を実施
2017年3Q、「ウェブ改ざん」が大幅減 - 「フィッシング」「マルウェアサイト」は増加
標的型攻撃対策市場の市場規模は120億円 - 前年比42.6%増
日本シーサート協議会の初イベント、新旧の交流の場に - テーマは「絆」
実在組織名用いたメール攻撃訓練でトラブルのおそれも - IPAが注意喚起
巧妙化する標的型攻撃、複数マルウェアの同時感染で攻撃を冗長化
JPCERT/CC、「Mirai」被害低減や標的型攻撃情報共有などに貢献した専門家やCSIRTに感謝状