Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

IPA、セキュリティ脅威情報を配信するサービス「icat」を開始

情報処理推進機構(IPA)は、同機構が公開した脅威情報や注意喚起などを配信する「サイバーセキュリティ注意喚起サービスicat」を開始した。

同サービスは、サイバー攻撃やウイルス、不審なメール、脅威予兆、脆弱性情報など、同機構が公開した緊急対策情報や注意喚起を即時配信するもの。

ウェブサイトにJavaScriptのタグを挿入することで、IPAが公開した緊急対策情報の一覧をサイト上に表示することが可能。閲覧者や顧客に対して最新のセキュリティ対策情報を提供することができる。

(Security NEXT - 2011/11/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

日本気象協会の偽メールに注意 - 災害で不安煽りURLや添付ファイル開かせる手口
顧客へのアクセス権限持つMSP、APT攻撃の標的に - 米政府が警鐘
顧客情報含む書類が所在不明、集荷後に紛失か - キリン堂
PHP脆弱性「CVE-2018-17082」 - キャッシュ汚染のおそれ
SIPサーバの探索行為が再び増加 - IP電話乗っ取りに注意を
フィッシングで複数職員がアカウントが乗っ取り被害 - 新潟大
PHPに脆弱性、セキュリティ更新がリリース - 不正プログラムをインストールされる可能性も
「Adobe Acrobat/Reader」既知脆弱性の実証コードが公開
「秘密の生活、友人にばらす」と脅すメールが国内で流通 - 英文スパムを翻訳か
「Monappy」、ホットウォレット内の仮想通貨が盗難 - 高負荷時の不具合突かれる