Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

IPA、セキュリティ脅威情報を配信するサービス「icat」を開始

情報処理推進機構(IPA)は、同機構が公開した脅威情報や注意喚起などを配信する「サイバーセキュリティ注意喚起サービスicat」を開始した。

同サービスは、サイバー攻撃やウイルス、不審なメール、脅威予兆、脆弱性情報など、同機構が公開した緊急対策情報や注意喚起を即時配信するもの。

ウェブサイトにJavaScriptのタグを挿入することで、IPAが公開した緊急対策情報の一覧をサイト上に表示することが可能。閲覧者や顧客に対して最新のセキュリティ対策情報を提供することができる。

(Security NEXT - 2011/11/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

Facebookページに第三者が不正投稿、すでに復旧 - メディアドゥHD
「MyEtherWallet」装うフィッシング攻撃に注意 - 複数URLで稼働
「PowerDNS Authoritative Server」にRCEの脆弱性 - アップデートがリリース
ニコニコ狙う不正ログイン攻撃、数百万回規模の試行 - 分散したIPアドレスより攻撃
NISC、Twitterのパスワード変更を府省庁へ注意喚起 - 所管業界への周知求める
複数アカウントが迷惑メール送信の踏み台に - 東北工業大
前橋市教委、個人情報流出は4万7839件 - 既往症や口座情報なども
不正アクセスで迷惑メールの踏み台に - 京都教育大
健康情報サイトへの不正アクセス、個人情報流出を確認 - 尼崎市
北朝鮮悪用のFlash脆弱性、広く悪用される状態に - 海外中心に攻撃が拡大、国内でも