Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

リムーバブル経由の感染狙うマルウェアが引き続き活発 - ESETレポート

キヤノンITソリューションズは、ESETが9月にマルウェアの追跡システム「ThreatSense.Net」で検知したマルウェアの状況について発表した。

ESETがまとめたマルウェアランキングによると、上位に変化はなく「INF/Autorun」が6.5%で首位、「Win32/Conficker」が3.7%で2位だった。下位ランキングも小幅な動きにとどまり、圏外からランクインしたものはなかった。

上位2種のほか、3位の「Win32/Dorkbot」や6位の「Win32/Autoit」など、リムーバブルメディア経由で感染するマルウェアの活動が依然として目立っている。

また9月には、Macを標的としたあらたなマルウェアが確認された。同社では「OSX/Revir.A Trojan」および「OSX/Imuler.A Trojan」として検出している。おもに中国のユーザーを狙ったマルウェアで、尖閣諸島の領有権に関する日中間の問題について書かれたPDF文書を装っていた。

同社が発表したマルウェアのトップ10は以下のとおり。

1位:INF/Autorun
2位:Win32/Conficker
3位:Win32/Dorkbot
4位:Win32/Sality
5位:HTML/Iframe.B
6位:Win32/Autoit
7位:HTML/ScrInject.B
8位:Win32/Ramnit
9位:Win32/PSW.OnLineGames
10位:JS/TrojanDownloader.Iframe.NKE

(Security NEXT - 2011/10/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

2017年の新種ランサムウェア、前年比62%増 - 「WannaCrypt」検出、日本は2位
メール添付で4月も多数流通、請求書などに偽装するマルウェア
仮想通貨発掘マルウェア4割認知せず - 2割強は広告代わりに発掘を許可
企業3割、標的型攻撃メールを受信 - 17%がマルウェア感染
「WannaCrypt」騒ぎから1年経過するも国内端末の1割に感染リスク
2018年1Qはコインマイナーが2.2倍、ランサムは315分の1に
2018年1Qの「標的型攻撃メール」は101件 - 標的の8割がプラント関係者
国内のMirai亜種感染機器からの通信が3月に増加 - 背景に「akuma」
減少傾向続く新種マルウェア、1カ月あたり4000万件割り込む - 1年間で半数以下に
1割超の企業が過去1年間に内部不正の情報漏洩を認知 - DDoS攻撃も1割弱