Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2011年度第1四半期のネットバンク被害、前四半期から大幅増 - 金融庁まとめ

金融庁は、2011年度第1四半期のインターネットバンキング犯罪による被害の発生状況を取りまとめた。

同庁によれば、2011年4月から6月までの被害件数は28件で、前四半期の11件から倍増した。主要行における被害が25件と集中し、のこり3件は地銀。2011年度最初の3カ月で前年度の年間被害件数である74件の半数に迫る勢いだった。

平均被害額は107万円。前四半期の194万円から半減したが、2010年度の平均105万円とほぼ同額となっている。対応方針が決まった19件中、17件で補償が行われた。

一方、全国銀行協会(全銀協)が会員186行に対して実施したアンケート調査では、2011年4月から6月までにインターネットバンクによる不正引き出しは18件。前四半期の1件から大幅に増加した。

2010年度に発生した不正引き出しの件数は36件。全銀協のアンケートでは、すでに前年度の半数へ達するなど非常に早いペースで推移している。金額ベースでみると、前年度は1年を通じて3400万円だったのに対し、同四半期だけで被害額は2100万円に達している。

(Security NEXT - 2011/10/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2017年3Qのネットバンク不正送金、法人で被害額が増加
目立つ「HeartBleed」関連インシデント - ラック報告
2017年2Qのネット銀不正送金、被害額ベースで法人個人ともに増加
2017年上半期のサイバー犯罪検挙数は4209件 - 仮想通貨の不正送金被害も
2017年2Qは脆弱性への攻撃が増加 - エクスプロイト公開が影響
マルウェア感染メールの比率が上昇 - スパムで自己拡散するランサムも
「Apache Struts 2」関連のインシデント検知が増加 - ラック
2017年1Qのバンキングトロジャンは144件 - 前四半期から半減
2016年下半期はメール経由の攻撃が2.5倍 - 9割超が「Locky」感染目的
ネットバンキングの不正送金、2016年は1291件で16.8億円の被害