Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

IPA、2011年上半期の最新セキュリティ技術動向を取りまとめ

情報処理推進機構(IPA)は、2011年上半期における情報セキュリティ技術の動向調査を報告書として取りまとめた。

同機構の情報セキュリティ技術動向調査タスクグループが、2011年1月から6月までの情報セキュリティ分野における先進的な技術動向について、報告書として取りまとめたもの。

今回の報告書で取り上げた内容は以下の8点で、タスクグループ参加委員が注目技術について独自の視点から解説している。

楕円曲線暗号の署名方式ECDSAにおける脆弱性の脅威
Linux Integrity Subsystemの現状
IPv6の配備におけるイントラネットセキュリティ
DNSを用いた公開鍵の配送技術 - DANE
Ajaxブラウザセキュリティ - 主戦場をDOMに移したXSS
IETFにおけるWeb 2.0 セキュリティ(Websec WG,JWT等)
クラウドコンピューティングセキュリティ - NISTガイドラインより
SCIM(Simple Cloud Identity Management)

(Security NEXT - 2011/09/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

2018年4Qのフィッシング攻撃は25%増 - 国内ホストは10月ピークに減少傾向
中南米のセキュリティ体制やCSIRT動向は? - JPCERT/CCが調査報告
2018年下半期の攻撃トラフィック、上半期の3.5倍 - 8割強が「telnet」狙い
パブクラのセキュリティ脅威、6割超が「設定ミス」挙げる
DNSやLDAPによる増幅攻撃を観測 - 複合型のDDoS攻撃も
脆弱性判明後、「Drupal」調査アクセスが増加 - 攻撃対象を探索か
攻撃グループ「Tick」、資産管理ソフトへの脆弱性攻撃を継続 - 標的型攻撃も
「Security Days Spring 2019」がまもなく開催
2018年に2121億の攻撃パケット観測 - 23番ポート宛が半減
JSSECら、3月にIoTセキュリティテーマのフォーラムを開催