Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

IPA、2011年上半期の最新セキュリティ技術動向を取りまとめ

情報処理推進機構(IPA)は、2011年上半期における情報セキュリティ技術の動向調査を報告書として取りまとめた。

同機構の情報セキュリティ技術動向調査タスクグループが、2011年1月から6月までの情報セキュリティ分野における先進的な技術動向について、報告書として取りまとめたもの。

今回の報告書で取り上げた内容は以下の8点で、タスクグループ参加委員が注目技術について独自の視点から解説している。

楕円曲線暗号の署名方式ECDSAにおける脆弱性の脅威
Linux Integrity Subsystemの現状
IPv6の配備におけるイントラネットセキュリティ
DNSを用いた公開鍵の配送技術 - DANE
Ajaxブラウザセキュリティ - 主戦場をDOMに移したXSS
IETFにおけるWeb 2.0 セキュリティ(Websec WG,JWT等)
クラウドコンピューティングセキュリティ - NISTガイドラインより
SCIM(Simple Cloud Identity Management)

(Security NEXT - 2011/09/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

2016年度のアイソ製品市場は33.7億円 - 前年度比63.6%増
減少傾向続いたフィッシング攻撃、増加に転じる
10月にサポート終了したはずの「Office 2007」にもアップデート
2016年の国内ITインフラサービス市場は2兆4913億円 - セキュリティ分野は前年比4.8%
クラウド環境向けセキュリティ製品、2021年までの年間平均成長率は20.9% - IDC予測
Kaspersky Labとインターポール、脅威情報共有の協定を更新
IPA、IoT製品開発指針を反映した教育教材を開発 - 情セ大で講座開講
サポート終了直前「Office 2007」、9月末時点で8.6%が利用
日立、情報セキュリティ体制を強化 - セキュリティリスク統括本部を設置
国内ネット利用者の214人に1人がボット感染 - 世界で203位