Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2023年は1割の企業でランサムウェア攻撃を観測

2023年に組織の1割でランサムウェアによる攻撃を観測したとする調査結果を、Check Point Software Technologiesが取りまとめた。前年から3ポイント上昇している。

同調査は、ネットワーク機器やエンドポイントで収集したり、外部より提供された脅威情報などを集約している同社クラウド基盤のデータをもとに動向を取りまとめたもの。

同調査によれば、観測されたサイバー攻撃は前年から1%増加。2023年は年間を通じて1組織あたり平均6万件を超えるサイバー攻撃を観測した。1週あたりに換算すると1158件。

地域別を見ると、アジア太平洋地域がもっとも攻撃の観測件数が多く、1組織あたり約10万件、1週あたり1930件だった。前年から3%増加している。

セクター別では「教育、研究」が1週あたり2046件で最多。ただし、前年から12%減少した。一方、「小売、卸売」は増加傾向が見られた。

(Security NEXT - 2024/02/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

JR西日本の会員サービスを装うフィッシング攻撃に注意
サイバー攻撃で従業員PCのIDやPWハッシュが流出 - ダイドー
脆弱性判明した「ConnectWise ScreenConnect」、約1万8000件が稼働
テスト用アカウントに不正アクセス、スパム踏み台に - 出水市
「Microsoft Edge」にアップデート - MS独自含む脆弱性11件を解消
再々委託先の従業員が業務情報を不正ダウンロード - ダイキン
クラウドサービスに不正アクセス、データが削除される - PCIソリューションズ
クラウド利用増加で標的型攻撃が進化 - 「初期アクセス」獲得阻止が重要に
高校で生徒の個人情報含む教務手帳を紛失 - 岐阜県
サポート詐欺被害、PCを遠隔操作される - 足立東部病院