Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

カスペルスキー、コンシューマー向け2012年版を発売 - MacやAndroidの保護も1本で

カスペルスキーは、コンシューマー向けWindows用セキュリティ対策ソフトの最新版「カスペルスキーインターネットセキュリティ2012」を発表した。

110906ks_01.jpg
カスペルスキー2012
マルチプラットフォームセキュリティ

今回よりMac向け製品「カスペルスキーアンチウイルス2011 for Mac」とAndroid向け製品「カスペルスキーモバイルセキュリティ9」を同梱し、ライセンスの範囲内で自由に組み合わせて利用できる「カスペルスキー2012マルチプラットフォームセキュリティ」として、9月9日より発売する。

「カスペルスキーインターネットセキュリティ2012」では、クラウド技術をあらたに搭載。同社の「Kaspersky Security Network(KSN)」によりユーザー側で検知されたマルウェア情報を収集することで、未知の脅威に対する防御を強化した。

またインターネットとの通信を常時監視し、「Facebook」や「Twitter」をはじめとするSNSでマルウェアを誤って起動したり、フィッシングサイトへの誘導を遮断。システムの改ざんが発生しても、元の状態にロールバックすることができる。

価格は、1年3台版が7140円。既存ユーザーや他社製品の利用者を対象に提供する5万本限定の乗り換え優待版が4095円。2年3台版(1万2075円)やツインパック(7140円)、ダウンロード版を用意している。

また同社は、ウイルス対策に特化したWindows向けソフト「カスペルスキーアンチウイルス2012」を同日より発売する。

価格は、1年3台版が4095円。2年3台版が7140円。こちらもツインパック(4095円)や限定5万本の乗り換え優待版(1995円)、ダウンロード版を用意している。

(Security NEXT - 2011/09/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

SDNにより感染端末を隔離しない制御システム向けセキュリティソフト - IIJ
マカフィー、個人向け製品に新版 - パフォーマンス向上や家族向け機能
開発から運用まで保護するコンテナ向けセキュリティ製品 - クリエーションライン
Avastに新版、フィッシング対策や機密データ保護を強化
カスペ、個人向けセキュリティ対策ソフトに新版 - 脆弱性対策機能を強化
米中間選挙にあわせコンシューマー向け製品を無償提供 - Cylance
「ウイルスバスタークラウド」に新版 - 悪性JSファイルの検出強化
Mac向けセキュリティ対策ソフトの新版 - カスペルスキー
ソフォス、個人向けに「Sophos Home日本語版」を無償提供 - WindowsとMac対応
「NOD32」発売から15周年、記念パッケージをリリース