Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

フィッシング報告数が倍増、金融機関騙る手口に注意 - 乱数表の記入促すケースも

フィッシング対策協議会は、8月に報告を受けたフィッシングの状況について取りまとめた。報告件数が前月から倍増したほか、金融機関のアカウント情報を狙う巧妙な攻撃が発生している。

同協議会によれば、8月に寄せられたフィッシングの報告件数は37件で、7月の18件から倍増した。報告件数は、5月に38件とピークを迎えたものの、6月に6件まで縮小。しかしその後次第に増加しており、再び高い水準にまで戻している。

さらに8月は報告数にくわえ、フィッシングサイトのユニークURLについても大きく増加した。7月は3件と低水準だったが、8月は10倍にあたる30件が観測されている。

一方、フィッシングにブランド名が悪用された企業の件数は、前月より2件減少して10件。8月上旬にはMastercard、下旬にOCNメールを装ったフィッシングサイトが確認された。

また国内金融機関を騙るフィッシングメールの観測されている。不審なドキュメントファイルや実行ファイルが添付されているのが特徴で、ファイルを開くとIDやパスワードにくわえ、乱数表の入力が促されるという。

金融機関がパスワードや乱数表を確認することはないとして、同協議会では誤って個人情報を提供しないよう、注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2011/09/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

偽大学サイトが1年間で961件、16カ国131大学が標的に - 国立大の偽ウェブメールも
フィッシング攻撃が小規模化、誘導先を次々変化 - 対策製品がまにあわないケースも
2018年3Qはインシデント件数が減少 - ウェブ改ざんが3分の2近くに
2018年2Qのフィッシング攻撃は約1割増 - 国内ホストは低水準
9月のフィッシング報告、3割減 - ブランドの悪用被害は増加
7月は不正広告を表示するJavaScriptが1.7倍 - 新亜種が次々開発
2018年上半期のフィッシング、前期比2.7倍で過去最悪 - 銀行狙いは鎮静化
フィッシング報告数、依然高水準 - 大手ブランドかたるメールが多種類
2016年3Qのフィッシング、3四半期連続で20万件超
2016年4Qのフィッシングは28万件超 - 過去2番目の規模