Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

スパムの標的になる日本の競馬ファン - シマンテックが注意喚起

シマンテックによれば、日本語で記載されたスパムメールにおいて「競馬ファン」を狙った手口が横行している。

同社が日本語で記載されたスパムの内容を調べたもので、日本では競馬が活発に開催されていることから、スパムメールの多くを競馬に関連したものが占めていた。

こうしたスパムメールに見られる傾向は、「高い回収率」「少人数限定」「秘密の必勝法」「完全保証」「無料」といった内容。これらキーワードでユーザーの気を惹き、サイトへ誘導して、会員登録などと称して個人情報を窃取するのが手口だという。

同社が調査を行ったところ、「無料サイト」などとしていても、実際利用するにはポイントなど金銭が必要となるところがほとんど。さらに登録した情報が出会い系サイトなどへ転売される危険が伴うとして、同社では注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2011/09/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

多数メールクライアントに送信者偽装できる「Mailsploit」が判明 - 送信ドメイン認証では防げず
10月のマルウェアメール、7カ月ぶりに減少 - 新種マルウェア5000万件割る
カスペ、コンシューマー向け製品に新版 - OS再起動時の感染を防止
マルウェア感染メールの割合が6カ月連続増加 - 「Locky」の拡散も
検索結果が危険な有名人 - CMでも歌声披露した「あの人」も
マルウェア感染メールの割合が5カ月連続で上昇 - 「Necurs」復活が影響か
「Struts 2」に対する脆弱性攻撃が発生 - 3月の攻撃と類似点も
Avast、中小企業向けセキュリティ対策製品 - AVGの技術を統合
ウォッチガード、UTMの新モデルを発表 - HTTPSトラフィックに最適化
「応答ない場合はアカウントをロック」、偽Amazonのフィッシングに注意