Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

スパムの標的になる日本の競馬ファン - シマンテックが注意喚起

シマンテックによれば、日本語で記載されたスパムメールにおいて「競馬ファン」を狙った手口が横行している。

同社が日本語で記載されたスパムの内容を調べたもので、日本では競馬が活発に開催されていることから、スパムメールの多くを競馬に関連したものが占めていた。

こうしたスパムメールに見られる傾向は、「高い回収率」「少人数限定」「秘密の必勝法」「完全保証」「無料」といった内容。これらキーワードでユーザーの気を惹き、サイトへ誘導して、会員登録などと称して個人情報を窃取するのが手口だという。

同社が調査を行ったところ、「無料サイト」などとしていても、実際利用するにはポイントなど金銭が必要となるところがほとんど。さらに登録した情報が出会い系サイトなどへ転売される危険が伴うとして、同社では注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2011/09/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「W杯」便乗のサイバー攻撃に注意を - 選手の検索結果に危険が潜む場合も
1週間に2400件超のサイト改ざん - 詐欺サイト誘導の踏み台に
客員教授のメールアカウントに不正アクセス、スパム送信の踏み台に - 京都薬科大
企業3割、標的型攻撃メールを受信 - 17%がマルウェア感染
「高尾ビジターセンター」のメールアカウントに不正アクセス - スパム送信の踏み台に
攻撃者がメール転送設定を変更、受信した個人情報が外部に - 立命館大
「認証番号」を聞かれた時どうする? 設定やシーンごとの対応策などLINEが解説
減少傾向続く新種マルウェア、1カ月あたり4000万件割り込む - 1年間で半数以下に
フィルタリング製品「GUARDIANWALLシリーズ」の新版を発売 - キヤノンITS
マルウェア亜種の減少傾向続く - マルウェアメールの割合は上昇