Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

JPCERT/CC、「Javaセキュアコーディング 並行処理編」を公開

JPCERTコーディネーションセンターは、Javaの並行処理プログラミングにおけるガイドラインをまとめた「Javaセキュアコーディング 並行処理編」を公開した。

同資料は、米CERT Coordination CenterとOracleが制作した「CERT Oracle Secure Coding Standard for Java」のJava並行処理に関するガイドライン「Java Concurrency Guidelines」を経済産業省の委託事業としてJPCERT/CCが独自に翻訳したもの。

同センターでは、「CERT Oracle Secure Coding Standard for Java」におけるすべてのガイドラインについても、今後日本語翻訳版を公開する予定。

(Security NEXT - 2011/08/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

サイバー大学、「AIテクノロジープログラム」を新設
「CODE BLUE 2017」の全22講演が決定
国内防衛産業を標的としたサイバー攻撃 - サンドボックスの突破技術など搭載
WhiteSource製OSS管理ソリューション - ライセンスや脆弱性を可視化
独自ランサム生成できるAndroidアプリ - 専門知識不要
Ruby用エディタに脆弱性 - アップデートがリリース
SECCON予選も佳境 - 横浜大会ではルート化禁止できないゲーム業界の裏事情も
エフセキュア、セキュリティのオンライン講座を配信
お菓子の「ポッキー」や「ビスコ」でプログラミング学べるアプリ「グリコード」
東陽テクニカ、Checkmarx製脆弱性解析ツールの提供を開始