Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

取引の繰越注文で不具合が発生、すでに解消済み - マネックス証券

マネックス証券は、7月20日の取引注文において一部不具合が生じていたことを明らかにした。すでに不具合は解消しており、訂正処理も完了している。

同社によれば、7月20日の寄付きから後場にかけて、株式取引や先物オプション取引における前日からの一部繰越注文が発注されなかったり、取消や訂正ができない状況が発生したという。

大阪証券取引所が、前日19日より先物オプション取引の「夜間立会」の取引時間を延長しており、その際のシステム対応において、繰越注文処理のスケジュール変更に問題があったもので、すでに不具合は解消しており、再検証など同社では対策を講じた。

また利用者には同日中に取引画面上で状況を伝えており、影響があった顧客に対して連絡を取り、不具合が原因で不利益が発生した場合は、訂正処理を実施したとしている。

(Security NEXT - 2011/08/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

サイバートラスト、「セキュアIoTプラットフォーム」事業を強化 - ラックとの資本提携も
「動画利用料の債権回収」装う業者に注意 - 「プリカ番号」要求は詐欺
FFRI、北米に初となる子会社「FFRI North America」を設立
IPA、脆弱性晒されたサイト運営者へ例外的に連絡 - 政府機関や上場企業も
ロボット技術のZMP、顧客情報流出で上場延期
2017年に設立される新生「McAfee」のロゴが初披露 - テーマは業界連携
SonicWallがDell傘下より独立 - パートナー戦略を強化
投資ファンドが「Intel Security」を取得、Intelと新会社「McAfee」設立
SECCON予選も佳境 - 横浜大会ではルート化禁止できないゲーム業界の裏事情も
ココン、セキュリティ領域の強化に向けてレピダムを買収