Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

SMSで位置情報返信するAndroidアプリ - セキュリティ上問題あるとしてマカフィーが対応

マカフィーは、Android端末の位置情報を外部へ知らせる「SMS Spy」を不審プログラムとして定義ファイルへ追加したことを明らかにした。

SMS Spy
「SMS Spy」が求める動作許可

「SMS Spy」は「Android Market」で配布されているアプリ。同社によれば、同アプリをインストールすると、バックグラウンドで動作し、特定のメッセージをSMSを受信した場合に、GPSなどで取得した位置情報を返信するという。

すでに数万件がインストールされており、一部ユーザーは、家族や恋人の居場所を把握するために用いているとレビューを行っている。8月16日の時点で、5点満点中「3.6」の評価を得ており、高評価を行っているユーザーも少なくない。

同社では同アプリについて、特定のメッセージを変更できず、外部の誰でも位置情報を取得することができると問題点を指摘。

セキュリティ上の不安があることから、広義のスパイウェアが分類される「不審なプログラム(PUP)」に指定し、定義ファイルで「Potentially Unwanted Program AND/Spyware-SMSSpy」として対応した。

(Security NEXT - 2011/08/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

個人向けESET製品でモニターキャンペーン
佐川装う悪質SMS、相談件数が10月以降急増 - iOS利用者も標的に
「みずほダイレクトアプリ」に盗聴や改ざんのおそれ - 修正版がリリース
Androidを侵入口に変える「TimpDoor」がSMSで拡散 - 5000台が感染か
BBSS、ネット詐欺対策ソフトに新版 - Androidアプリ内ブラウザで利用可能に
カスペ、小規模オフィス向け製品に新版 - ファイルサーバの対策機能など強化
マカフィー、個人向け製品に新版 - パフォーマンス向上や家族向け機能
「FIDO2」による指紋ログイン認証が開始 - ヤフー
一部Androidエミュレータがデバッグ経路をネット公開 - コインマイナー感染活動の標的に
スマホアプリとマイナンバーカードによる本人確認サービス - 凸版印刷