Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

生損保4社の顧客情報が第三者に不正売却 - 代理店経由の流出か

保険会社4社の顧客情報が、不正に外部へ売却されていたことがわかった。いずれもすでに廃業している代理店が保有していたデータで、名簿販売業者に出回っていた。

第三者へ売却されていたのは、生損保4社と以前代理店契約を結んでいたアイエーパートナーズやインフォリッジが扱った保険契約に関する顧客情報。アイエーパートナーズはインフォリッジへ合併したが、インフォリッジもすでに廃業しているという。

外部へ売却された情報には、契約者や被保険者の氏名や住所、電話番号、生年月日、性別、勤務先、契約内容、保険料などの情報が含まれていた。また代理店が保有していた一部既往症などの情報も含まれる。

アメリカンファミリー生命保険(アフラック)では1万2902件、メットライフアリコでは8178件の顧客情報流出が判明しており、インフォリッジの保有した情報だった。

またアメリカンホーム保険では、医療保険や障害保険など3718件、エース損害保険では、444件がアイエーパートナーズやインフォリッジが取り扱った情報だったという。

保険会社は警察へ被害を届けているが、情報を悪用されたことによる被害は確認されていない。各社は専用の窓口を設置し、顧客からの問い合わせなどへ対応している。

(Security NEXT - 2011/08/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

紛失や誤送付など1カ月間の個人情報関連事故は24件 - 大阪市
健康情報サイトへの不正アクセス、個人情報流出を確認 - 尼崎市
介護保険事業所向けメールで誤送信、メアド流出 - 長野市
保険料の一部通知書が所在不明、郵便局の連絡で判明 - 島本町
市健診サイトに不正アクセス、個人情報流出の可能性 - 尼崎市
無断で顧客情報を第三者へ提供、外部通報で発覚 - 日新火災
東京海上日動子会社の代理店に不正アクセス - メールボックス内の個人情報などが流出
被保険者の個人情報含む書類を誤送付 - 東京都信金健保
調剤薬局で処方箋が所在不明に - マックスバリュ中部
再委託先で顧客情報入りPCを飲酒後に盗難被害 - 東京ガス関係会社