Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ラネクシー、ネットワーク経由のファイル送信制御に対応「DeviceLock 7.1」

ラネクシーは、米DeviceLock製のデバイス制御ソフトウェアの最新版「DeviceLock 7.1」を9月16日に発売する。

同製品は、PC端末における外部メディアやインタフェース、無線接続など周辺機器の利用を制御できるソフトウェア。ログの取得に対応している。

最新版は、HTTPやHTTPS、FTP、FTPSなどネットワーク経由のファイル転送を制御できるオプションコンポーネント「NetworkLock」を追加。データ流出の監視やログ追跡が行える。

新コンポーネント「ContentLock」によりコンテンツ認識ルールを詳細に設定することが可能。ファイルタイプにくわえ、数値条件や適合基準、キーワードによる正規表現を使ったルールの作成に対応した。

またイメージの検知機能を強化したほか、アーカイブファイル内のファイルについて個別に分析することが可能となっている。

(Security NEXT - 2011/08/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

スマートファクトリーのセキュリティ対策評価フレームワークを開発 - KPMG
XMLだけでCABSとのAPI連携が可能となるプログラム - マカフィー
NEC、IoTデバイス通信をエッジで制御 - 非IP通信にも対応
原発など制御システム狙う攻撃の検知システム、開発に着手 - 三菱電機
ビル設備の閉域網、時間かければ侵入可能 - 省エネモニターに踏み台リスク
ネットワン、業務利用クラウド向けにCASB - 「Slack」にも対応予定
NEC、制御機器に応用可能な改ざん検知技術 - 4Kバイトと軽量
「NIRVANA改」ベースのサイバー攻撃可視化システムに機械学習エンジンを追加 - dit
アークン、不正接続の検知アプライアンス - ログ記録ソフトをバンドル
PSK利用のWi-Fiが退職者の不正侵入口となったケースも - PwC-CSがリスク評価サービス