Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NRIセキュア、体験型訓練プログラム「サイバー攻撃の疑似体験サービス」を開始

NRIセキュアテクノロジーズは、企業におけるサイバー攻撃への対応能力向上を支援する新サービス「サイバーアタックシミュレーション」の提供を開始した。

110729ns_01.jpg
サービスの流れ(図:NRIセキュア)

同サービスは、情報セキュリティインシデントが発生した際に、被害を最小限に抑えられるよう、事前に疑似攻撃を通じた訓練を実施する体験型プログラム。

ウェブサイトの改ざんやメールの添付ファイルによるマルウェア感染など、利用者のニーズに応じて演習シナリオを策定。擬似的な攻撃を通じて、対応状況の確認や、課題を確認し、セキュリティ対策の向上に活用できる。

(Security NEXT - 2011/07/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

擬似フィッシング攻撃によるトレーニングサービスをバージョンアップ - ソフォス
MS、IoTやクラウドのセキュリティを強化 - 疑似攻撃による対応テスト機能も
ビル設備の閉域網、時間かければ侵入可能 - 省エネモニターに踏み台リスク
インシデント対応学習ボードゲームにラインアップ追加
ラック、「ペネトレーションテストサービス」を提供 - 疑似標的型攻撃も実施
標的型攻撃メール訓練をセルフサービスで提供 - KDL
NECマネジメントパートナー、「CSIRT」向け研修サービスを拡充
ファイア・アイ、疑似攻撃による評価サービス - IoT機器などにも対応
標的型攻撃の対応をゲームで学べる無料のオンライン教材
DNP、実践演習で学ぶサイバー攻撃対応人材の育成サービス