Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Apple、「Safari」のセキュリティアップデートを公開 - 57件の脆弱性に対応

Appleは、同社ブラウザ「Safari」に含まれる複数の脆弱性を解消したセキュリティアップデートの提供を開始した。

110722ap_01.jpg
多数脆弱性を解消した「Safari」最新版

同プログラムは、複数の不具合を解消するセキュリティアップデート。ウェブサイトやPDF、画像ファイルを閲覧した際にコード実行されるといった深刻な問題にも対応している。「Mac OS X v10.6.8」以降やWindows向けとなる「Safari 5.1」、および「Mac OS X 10.5.8」向けとなる「Safari 5.0.6」を用意している。

すでに公開されている「Security Update 2011-004」で解消されていたり、特定プラットフォームのみ含まれている不具合など、環境によって影響を受ける脆弱性は異なるが、今回のアップデートでは、あわせて57件の脆弱性を修正した。

(Security NEXT - 2011/07/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

産業機器通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
「Firefox 78」がリリース - 脆弱性13件を修正 - 保護ダッシュボードの機能強化も
「Microsoft Windows Codecs Library」に複数脆弱性 - 定例外で更新
マルウェアとの遭遇率、3年で約半分に - MS調査
NETGEAR製品に10件のゼロデイ脆弱性 - 多数製品に影響
Palo Alto Networksの「PAN-OS」に認証回避の脆弱性 - VPNなども影響
「Apache Tomcat」に脆弱性 - DoS攻撃受けるおそれ
「VMware ESXi」など複数製品に深刻な脆弱性 - アップデートを
標的型攻撃のレスキュー支援、2019年度は139件
「Magento」に脆弱性 - 「1系」まもなくEOL、最後の更新