Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Apple、細工したPDFでコード実行される脆弱性を解消した「iOS 4.3.4」を公開

Appleは、同社スマートフォン「iPhone」やタブレット端末「iPad」が採用している「iOS」の深刻な脆弱性を解消するセキュリティアップデートを公開した。

最新版となる「iOS 4.3.4」は、「CoreGraphics」や「IOMobileFrameBuffer」などあわせて3件の脆弱性を解消するアップデート。

今回修正された「CoreGraphics」の脆弱性は、フォント処理における2件の不具合。不正なPDFファイルを閲覧するとクラッシュし、コードが実行されるおそれがある。

今回公開した「iOS 4.3.4」では、「iPhone 4」「iPhone 3GS」「iPad」および第3世代以降の「iPod touch」に対応している。また同社は、CDMA版の「iPhone 4」向けに同様の脆弱性を解消する「iOS 4.2.9」を用意している。

(Security NEXT - 2011/07/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

【訂正あり】無線LANの「WPA2」で盗聴や改ざん可能となる「KRACK」 - 多数機器に影響
成果報酬制の脆弱性診断サービス - SHIFT SECURITY
日産証券の商品先物トレーディングアプリ旧版に盗聴のおそれ
BYOD向けスマホアプリに中間者攻撃のおそれ - アップデートがリリース
NTTデータウェーブ、スマホ向けアプリの脆弱性診断サービス
家計簿アプリ「マネーフォワード」のAndroid版に複数の脆弱性
Apple、メジャーアップデートとともに「iOS 10.0.1」をリリース
JSSEC、Androidアプリセキュアコーディングガイドを改訂
脆弱性「QuadRooter」が判明、Android端末約9億台以上に影響か - 検証アプリも公開
スマホ向け仮想試着アプリに脆弱性 - 通信が盗聴されるおそれ