Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

IPA、「JVN iPedia」の更新情報をTwitterで発信

情報処理推進機構(IPA)は、「脆弱性対策情報データベース JVN iPedia」および「MyJVNバージョンチェッカ」の更新情報を、Twitterで発信するサービスを開始した。

「JVN iPedia」は、国内で利用されているソフトウェアの脆弱性に関する情報を提供しているデータベース。脆弱性対策情報をより一般ユーザーに届けるため、新規公開された脆弱性情報についてTwitterで発信を開始した。

また同時に、PCにインストールされているソフトウェアのバージョンが最新であるかをチェックする「MyJVN バージョンチェッカ」についても、更新情報をTwitterで提供する。Twitterアカウントは、「@JVNiPedia」および「@MyJVN」。

(Security NEXT - 2011/07/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

F5の「BIG-IP」シリーズに深刻な脆弱性 - リモートよりコード実行のおそれ
「Samba」に4件の脆弱性 - アップデートがリリース
産業機器通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
「Firefox 78」がリリース - 脆弱性13件を修正 - 保護ダッシュボードの機能強化も
「Microsoft Windows Codecs Library」に複数脆弱性 - 定例外で更新
マルウェアとの遭遇率、3年で約半分に - MS調査
NETGEAR製品に10件のゼロデイ脆弱性 - 多数製品に影響
Palo Alto Networksの「PAN-OS」に認証回避の脆弱性 - VPNなども影響
「Apache Tomcat」に脆弱性 - DoS攻撃受けるおそれ
「VMware ESXi」など複数製品に深刻な脆弱性 - アップデートを