Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

IPA、「JVN iPedia」の更新情報をTwitterで発信

情報処理推進機構(IPA)は、「脆弱性対策情報データベース JVN iPedia」および「MyJVNバージョンチェッカ」の更新情報を、Twitterで発信するサービスを開始した。

「JVN iPedia」は、国内で利用されているソフトウェアの脆弱性に関する情報を提供しているデータベース。脆弱性対策情報をより一般ユーザーに届けるため、新規公開された脆弱性情報についてTwitterで発信を開始した。

また同時に、PCにインストールされているソフトウェアのバージョンが最新であるかをチェックする「MyJVN バージョンチェッカ」についても、更新情報をTwitterで提供する。Twitterアカウントは、「@JVNiPedia」および「@MyJVN」。

(Security NEXT - 2011/07/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

VMware、「SpectreNG」対策で複数製品向けにパッチを準備
管理甘い「Cisco Smart Install Client」の探索行為が増加 - 警察庁が注意喚起
F5、ボットやDDoSへの対策備えたWAF - オプションでPWリスト攻撃にも対応
カスペ、法人向けエンドポイント製品に新版 - 共有フォルダの暗号化防止機能など追加
「VMware Workstation」「Fusion」に脆弱性 - アップデートで対応
D-Link製の一部ルータにバックドアが判明 - サポート終了で修正予定なし
「strongSwan VPN」に脆弱性 - サービス拒否に陥るおそれ
複数ネットワーク機器に感染する「VPNFilter」が判明 - 少なくとも54カ国50万台に感染か
NoSQL DB「Redis」を狙うアクセスが増加 - マイニングマルウェアの感染狙いか
「Spectre」「Meltdown」と類似した脆弱性2件が判明 - 数週間以内に更新予定