Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

チェック・ポイント、次世代ファイアウォールを市場投入 - 藤岡社長「3年で売上を倍増」

チェック・ポイント・ソフトウェア・テクノロジーズは、包括的なセキュリティ対策を実現するセキュリティソリューション「Check Point R75」の国内販売を開始した。

チェック・ポイント・ソフトウェア・テクノロジーズ代表取締役社長の藤岡健氏
代表取締役社長 藤岡健氏

同製品は、同社独自の「ソフトウェアブレードアーキテクチャ」をベースとしたセキュリティゲートウェイ。ファイアウォール機能にくわえ、IPSやアプリケーションコントロール、情報漏洩対策など必要に応じて機能を追加できる。

最新版では、「Identity Awareness」「Application Control」のほか、「DLP」「Mobile Access」といった新機能を用意。「ポリシー」「ユーザー」「セキュリティの実施」による多面的なセキュリティ対策が可能で、同社が提唱するコンセプト「3D Security」を具現化したという。

同社代表取締役社長の藤岡健氏は、今回の新製品の投入にあたり、今後3年以内に国内の売上規模を倍増させるとの計画を明らかにした。

同社では、従来ディストリビューターやパートナー経由で製品を販売するスタイルだったが、計画実現に向けてあらたに営業とエンジニアを拡充。大口ユーザーに対するきめ細やかな「ハイタッチ営業」を展開する。

110705cp3.jpg
従来製品から新製品への移行を促進する

具体的には、ゲートウェイの単一機能を利用しているユーザーが多いため、インテグレーションが可能な体制を整備し、さまざまなアプリケーションを利用できる新製品への移行を促進する。

さらに既存ユーザーを対象とした下取りや、他社製品からの乗り換え需要に対応するプロモーションを展開するほか、サポート体制についても強化していく。

(Security NEXT - 2011/07/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「どこどこJP」、チェック・ポイント利用者向けに設定支援ツール
ESET、次期版に「ふるまい監視機能」や「ホームネットワーク保護」
マカフィー、コンシューマー向けに新版をリリース - クラウドによる機械学習を活用
NECネッツエスアイ、セキュアゲートウェイサービスに保険を付帯
エフセキュア、法人向けエンドポイント製品に新版 - 「ディープガード」に機械学習を応用
ウォッチガード、UTMの新モデルを発表 - HTTPSトラフィックに最適化
パロアルト、製品の機能を拡張するフレームワークを用意 - サードパーティアプリが利用可能に
IIJグローバル、海外拠点向けセキュリティ運用管理サービス
PS Japan、Panda製エンドポイント製品を発売 - 自動フォレンジック機能も
NEC、AIを活用した脅威分析システムをセキュリティ監視サービスに導入