Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

委託業者が市乗合タクシー利用者情報を紛失 - 相模原市

相模原市は、市乗合タクシー利用登録者747人の個人情報が記録されたUSBメモリを、委託業者が盗難により紛失したことを明らかにした。

被害に遭ったUSBメモリには、同市が山口自動車に委託して運行している乗合タクシーの利用登録者に関する情報747件が記録されていた。登録者の氏名、住所、電話番号、年齢、性別などが含まれる。同市では、USBメモリにはパスワードが設定されていたという。

6月12日0時から3時の間、委託会社の役員自宅において車上荒らしが発生。車内にあった金品とともに盗まれた。警察へ被害届を提出したが、盗難物は見つかっていない。同市では、委託先の責任者に再発防止を指導している。

(Security NEXT - 2011/06/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

マイナンバーカード盗難で職員3人を懲戒処分 - 横浜市
介護認定申請書類が所在不明、誤廃棄か - 習志野市
患者情報が記録されたHDDが所在不明 - 徳島市民病院
顧客情報含むPCが盗難被害 - 人事コンサルティング会社
路上で顧客情報が鞄ごと盗難 - 日神不動産
公害健康被害の不服審査に関する資料が盗難 - 環境省
地権者情報入りHDDがネット上に流通、事務所内で盗難か - 埼玉県
個人情報含む教員の私物パソコンが学内で盗難 - 東大
保育園駐車場で車上荒らし、健診データ含む個人情報が盗難 - 三重県
患者の個人情報や検査結果含むPCを紛失 - 兵庫医科大病院