Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

高い防御壁も目的があれば突破するハッカーたち

情報漏洩といえば従業員のミスによるPCの置き忘れなど、「うっかりミス」による事故も少なくないが、グローバル展開する大規模企業が集中的に狙われる事例が目立っている。

なかでもソニーの事件は、不正アクセスにより最大1億件以上の個人情報が流出する騒ぎとなり、グループ会社に対して攻撃が拡大するなど国内外から大きな注目を集めている。一方で特殊な事情も指摘されている。「ハッカー」の存在だ。

マカフィーのエンタープライズ営業本部でプロフェッショナルサービスシニアスペシャリストである兜森清忠氏によれば、今回の事態にいたる背景に、ハッカーへの対処に問題があるという。

ソニーは、家庭用ゲーム機「PlayStation 3」の制限を解除する「Jailbreak」を行ったGeorge Hotz氏をデジタルミレニアム著作権法を理由に提訴しているが、Appleが「iPhone」のJailbreakにおける同様の争いで敗訴した経緯がある。

(Security NEXT - 2011/06/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「ディノスオンラインショップ」に不正ログイン - 情報改ざんや不正注文が発生
メールサーバに不正アクセス、迷惑メールの踏み台に - 放送大
システム管理者アカウントが奪われ、個人情報約7万件が流出 - 阪大
企業向け認知度調査、もっとも高い「WannaCrypt」でさえ4割満たず
不正アクセスで停止していた関連サイト、3カ月ぶりに再開 - 府中市
警視庁と仮想通貨取引所10社、サイバー犯罪の対処で協定
セキュリティコード含むカード情報が外部転送、流出の可能性 - 城山観光ホテル通販サイト
不正アクセスで顧客情報流出の可能性 - 上光証券
不正アクセスでクレカ情報流出の可能性 - HB-101ネットショップ
「Bad Rabbit」の踏み台被害、対応に1カ月弱 - アイカ工業がサイト再開