Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ソフィアネットワークス、物理レイヤを監視するRiT製システム「PatchView」

ソフィアネットワークスは、インフラの物理レイヤを監視するイスラエルRiT製システム「PatchView」を発売した。

同製品は、ネットワークインフラの物理レイヤを監視できる障害対策システム。MACアドレスにより機器を自動的に検知して一元管理でき、接続の切断、部外者の侵入、PCの持ち出しなどを監視できる。

機器は、IP、MAC、ホスト名で管理でき、移設や追加などもインタフェース上からアイコンの操作により実施することが可能。レポート機能も搭載している。

また、オプションの電源管理モジュールを追加することにより、推奨電源、消費電源をモニターし、しきい値を超えた際に警告することが可能。

価格はオープン。同社では年間20社を目標に同製品の販売を進める。

(Security NEXT - 2011/06/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

SDNにより感染端末を隔離しない制御システム向けセキュリティソフト - IIJ
スマートコントラクト向けの脆弱性モニタリングサービス - NRIセキュア
サイバー保険付帯のサーバ脆弱性対策サービス
カスペ、小規模オフィス向け製品に新版 - ファイルサーバの対策機能など強化
ネットワーク内不審通信のレポートサービス - ALSOK
DC利用者向けに「IDS/IPSサービス」 - キヤノンITS
PFU、オンサイトによる簡易診断サービスを開始
制御システムのUSB対策製品を強化、一元管理に対応 - 日立
カスペ、制御システム向け製品に新版 - 20以上のプロトコルをあらたにサポート
カスペ、ハイブリッド環境を一元管理できるセキュリティ製品