Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「偽セキュリティ対策ソフト」が再び大きな脅威に - 4四半期ぶりに高水準

ウイルスへ感染しているとユーザーを騙し、製品の購入を迫る「偽セキュリティ対策ソフト」が急激に増加していることが、マカフィーの調査によりわかった。2011年第1四半期にあらたに検出した「偽セキュリティ対策ソフト」の種類は、前四半期の2倍以上に上っている。

偽セキュリティ対策ソフトは、2009年第2四半期から2010年第1四半期にかけて大量に発生した経緯がある。期間中は少なくともあらたな偽セキュリティ対策ソフトが150件、多いときには250件以上が四半期ごとに確認された。

一方、2010年第2四半期には状況が一変している。100件以下の水準まで急激に減少。以降、大きな増加は見られなかったが、2011年第1四半期に入って再び200件以上の水準へ急増した。

同社によれば、こうした状況の背景には、韓国を出所とするソフトの増加があるという。同社では同様のケースについて、2010年に72件を確認しているが、2011年第1四半期には、すでに前年の半数にあたる31件を確認した。

なかでも「boanファミリー」の活動が活発で、依然として「偽セキュリティ対策ソフト」への注意が必要と同社では注意を促している。

(Security NEXT - 2011/05/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「ウイルス検出」とだます偽警告への相談、引き続き増加傾向
不正サイトの検知数が上昇 - iPhone6便乗詐欺も
フィッシングサイトの割合が上昇 - お中元に便乗した詐欺サイトも
夏場にあわせて詐欺サイトも変化 - 水着通販の偽サイトも
6月は不正サイト検知数が微増 - 大きな変化見られず
5月の不正サイトは前月から微減 - 9割以上が詐欺サイト
「Apple Watch」で誘う詐欺サイトに注意 - 割引販売で誘引
2015年1Qの不正アクセス件数は34件、「なりすまし」が増加
不正サイトが前月比4割増 - 新年度に便乗する詐欺も
大雪対策需要を狙う詐欺サイトに注意 - 今度は「スノータイヤ」