Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

5月の不正サイトは前月から微減 - 9割以上が詐欺サイト

BBソフトサービスは、5月に同社が検知した不正サイトの状況を取りまとめた。詐欺関連サイトが全体の約95%を占めている。

5月は86万8480件の不正サイトを検知し、4月の88万507件から1.3%の減少した。内訳を見ると、「ワンクリック・不正請求詐欺サイト」が1.2ポイント縮小したものの、75.5%と全体の4分の3にのぼる。「フィッシング詐欺サイト」は0.8ポイントの上昇で全体の19.9%だった。これらで全体の約95%を占める。

そのほか、「偽セキュリティ対策ソフト配布サイト」が3.2%、「脆弱性悪用サイト」が1.1%、「マルウェア感染サイト」が0.1%だった。いずれも前月から割合が微増した。

(Security NEXT - 2015/06/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

先週注目された記事(2024年6月2日〜2024年6月8日)
約3割が過去3年間にサイバー攻撃の被害経験 - ランサムは3.8%
先週注目された記事(2024年5月5日〜2024年5月11日)
2024年1Qのセキュ相談、「サポート詐欺」「不正ログイン」が過去最多
セキュリティ相談、前四半期比46.9%増 - 「偽警告」が倍増
2023年のクレカ不正利用被害、前年比23.9%増 - 3年間で2倍以上に
2023年4Qのクレカ被害、前四半期から微減となるも高水準
2023年4Qの不正送金、減少するも高水準 - 平均被害額は大幅増
初期侵入から平均62分で横展開を開始 - わずか2分のケースも
サイバー攻撃で狙われ、悪用される「正規アカウント」