Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

5月の不正サイトは前月から微減 - 9割以上が詐欺サイト

BBソフトサービスは、5月に同社が検知した不正サイトの状況を取りまとめた。詐欺関連サイトが全体の約95%を占めている。

5月は86万8480件の不正サイトを検知し、4月の88万507件から1.3%の減少した。内訳を見ると、「ワンクリック・不正請求詐欺サイト」が1.2ポイント縮小したものの、75.5%と全体の4分の3にのぼる。「フィッシング詐欺サイト」は0.8ポイントの上昇で全体の19.9%だった。これらで全体の約95%を占める。

そのほか、「偽セキュリティ対策ソフト配布サイト」が3.2%、「脆弱性悪用サイト」が1.1%、「マルウェア感染サイト」が0.1%だった。いずれも前月から割合が微増した。

(Security NEXT - 2015/06/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

約3分の1の企業がIoTやOTでセキュリティ事故を経験
2020年のネットバンク不正送金、被害額4割減 - 法人では増加
巧妙化するランサム攻撃、被害の多くが「VPN機器」脆弱性に起因
小規模サイト、約1割「一切脆弱性対策せず」 - 対策不備で2割が被害経験
2020年4Qのクレカ不正利用被害は72.5億円 - 前期比22.7%増
4社に3社が直近1年にインシデントを経験 - JIPDEC調査
ウイルス届け出、前年比73.4%増 - 「Emotet」など被害も
33%がPWを使い回し、52%は似たPWを再利用 - F-Secure調査
2020年の緊急対応支援、3割強が「Emotet」 - ラック
2020年3Qフィッシング、前四半期の約4分の3に - RSAまとめ