Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ソネットでなりすまし被害が発生 - 情報漏洩は否定

ソネットエンタテインメントは、So-net会員向けに提供しているポイントサービス「ソネットポイント」へ不正アクセスがあり、ポイントの不正利用が発生したと発表した。

今回判明したのは、IDやパスワードを利用した外部からの「なりすまし」攻撃。5月16日から17日にかけて攻撃があり、翌18日の夕方に被害へ気がついたという。5月19日の時点で、特定のIPアドレスからの攻撃試行回数は、約1万回に上っている。

今回の攻撃により同サービスにおいて、73件のIDにおいて不正閲覧が発生。さらに128件のIDで不正な商品交換が行われ、被害額は約10万円に及んでいる。また90件のIDで不正にウェブメールが閲覧された。

同社では、IDやパスワードが不正利用されたことについて、同社経由の情報漏洩を否定。またIDやパスワードの不正利用によって、氏名や住所、電話番号、生年月日が外部から閲覧された形跡についても確認されていないとしている。

(Security NEXT - 2011/05/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

過去のログイン情報でなりすましを防ぐ「リスクベース認証」の新版 - Capy
「Install Norton Security for Mac」に脆弱性 - 中間者攻撃のおそれ
シャープのロボット掃除機「COCOROBO」に脆弱性 - 不正操作のおそれ
フジテレビのチケットサイトで不正ログイン - 一部で不正購入も
NEC、歩きながら顔認証を可能にする入退管理ソリューション
カスペ、Linuxメールサーバ向け製品に新版 - マクロウイルス対策など追加
「ランサムウェア」関連の相談が大幅減 - 一方で被害も
サイバートラスト、「セキュアIoTプラットフォーム」事業を強化 - ラックとの資本提携も
腕の動きやデバイス角度などで「なりすまし」を検知するモバイル向けSDK
NEC、顔認証機能をクラウドで提供 - 顔認証ソフトの強化も