Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

利用者の個人情報を車両の屋根に置いたまま走行 - 沖縄の介護施設

沖縄県の介護老人保健施設アルカディアの職員が、利用者の個人情報が記載された書類を送迎車両の屋根に乗せたまま走行し、一時紛失していたことがわかった。

施設を運営する社会医療法人の仁愛会によれば、一時紛失したのは施設利用者の送迎運行記録簿で、利用者全員の氏名、住所、電話番号などが記載されていた。

5月10日に利用者を自宅へ送る際、記録簿を送迎車両の屋根に置き忘れたまま走行してしまい、施設に戻って記録簿の紛失に気付いたという。

その後走行経路を捜索したが見つからず、警察へ紛失届を提出。13日になって近隣の店に届けられていると連絡があり、すべて回収した。

(Security NEXT - 2011/05/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

紛失や誤送付など1カ月間の個人情報関連事故は24件 - 大阪市
貸付金の借受人や連帯保証人などの個人情報を紛失、4年前に発生 - 滋賀県
介護給付費などの通知書を誤送付 - 大阪市
施設の利用登録者宛てメールで誤送信 - 福祉事業者
訪問サービス中に車上あらし、個人情報が盗難 - 長岡の高齢者介護施設
報酬支払時に提出受けた書類を紛失、マイナンバーを記載 - 千葉県
県南健康福祉センターで個人情報記載書類を誤送付 - 栃木県
委託先の職員が業務用携帯電話を紛失 - 福岡県
医療費受給者証の更新申請書で個人情報を誤記載 - 下関市
段ボール箱開き個人情報含む書類がトラックから飛散 - 岩国市