Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

利用者の個人情報を車両の屋根に置いたまま走行 - 沖縄の介護施設

沖縄県の介護老人保健施設アルカディアの職員が、利用者の個人情報が記載された書類を送迎車両の屋根に乗せたまま走行し、一時紛失していたことがわかった。

施設を運営する社会医療法人の仁愛会によれば、一時紛失したのは施設利用者の送迎運行記録簿で、利用者全員の氏名、住所、電話番号などが記載されていた。

5月10日に利用者を自宅へ送る際、記録簿を送迎車両の屋根に置き忘れたまま走行してしまい、施設に戻って記録簿の紛失に気付いたという。

その後走行経路を捜索したが見つからず、警察へ紛失届を提出。13日になって近隣の店に届けられていると連絡があり、すべて回収した。

(Security NEXT - 2011/05/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

個人情報関連の事務処理ミス19件を公表 - 大阪市
福祉事務所でメール添付ミス、名簿を誤送信 - 糸魚川市
就学支援金支給停止通知など書類の誤送付が発生 - 新潟県
非公開とすべき個人情報含む行政文書を誤公開 - 新潟県
審議会委員のマイナンバーカードの写しを紛失 - 鳥取県
高齢者施設関係者が個人情報を政治利用 - 小金井市
リース返却後の内部情報入りHDDがオークションに - 神奈川県
児童の個人情報含む資料を誤って送信 - 新潟県
研修案内メールの誤送信で介護施設のメアド流出 - 大阪府
障害者手帳をファックスで誤送信、操作ミス重なり - 宇治市