Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

個人情報記載のノートを路上に落として紛失 - 足立区

足立区の非常勤職員が、貸付金の訪問徴収へ向かう際、借受人49人の個人情報が記載されたノートを紛失したことがわかった。

5月3日、貸付金の訪問徴収へ向かう途中、紛失したもので、ノートには、借受人49人の氏名、住所、電話番号、貸付金の金額などが記載されていた。

同区によれば、同職員がノートを見ながら歩いていたところ、路上で30人ほどの集団とぶつかってノートを落とし、そのまま紛失したという。

同区では、関係者に説明し、謝罪。今回の件を受け、訪問時の個人情報の適正な取り扱いについて指導徹底する。

(Security NEXT - 2011/05/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

個人情報含む廃棄文書が散乱、裁断しなかった教諭を処分 - 大阪府教委
個人情報を一般ゴミで廃棄、路上散乱 - 大阪府立高校
手話検定試験の受験者情報含むUSBメモリが所在不明
NTTコムなど通信サービスの申込書が運搬中に高速道路へ散乱
患者情報が路上に飛散、廃棄処理委託先で - 鹿大病院
自立支援センター入退所者の個人情報を紛失 - 大阪市
個人情報含む工事図面を路上に置き忘れ - 大阪市
患者書類を車両屋根に置いたまま移動して紛失 - 茨城県西部メディカルセンター
溶解処理する書類を運搬中に紛失 - ワンビシアーカイブズ
顧客情報を誤って一般ゴミで廃棄、収集車から飛散 - ケアコム