Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

EMC、「なりすまし」のリスクを判定する認証アプライアンス

EMCジャパンは、不正アクセスの危険性を判定する「リスクベース認証機能」を備えた認証サーバ「RSA Authentication Manager Express 1.0」の販売を開始した。

RSA Authentication Manager Express
「リスクベース認証機能」を備えた「RSA Authentication Manager Express 1.0」

同製品は、「RSA Adaptive Authentication」に搭載されているリスク判定技術を搭載したハードウェアアプライアンス。SSL VPNソリューションやウェブアプリケーションなどと組み合わせて利用でき、「なりすまし」や「不正アクセス」を防止する。

同製品のリスクエンジンでは、IDやパスワード、アクセス元、行動履歴など複数の要素を分析。リスクを判定して認証の可否を決定するほか、必要に応じて追加の認証を求めることが可能。利用状況など学習し、判定の精度を向上させる機能も搭載している。

同製品により最大2500ユーザーまで対応することが可能。価格はライセンス数により異なり、25ユーザの場合は32万5500円。3年分のハードウェア保守費用が含まれるほか、ソフトウェア保守費用は別途必要。

(Security NEXT - 2011/05/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

IDなしに認証できる「IDレス指紋認証プラグイン」を提供 - DDS
ブロックチェーンを活用したIoT機器のプロビジョニングシステム
イオン銀、指紋と静脈認証による本人認証をスタート - カードや暗証番号不要
過去のログイン情報でなりすましを防ぐ「リスクベース認証」の新版 - Capy
NEC、「Box連携ソリューション」5種を開発 - SSOや個人情報検索など
NECとCEC、基幹系システムに対応した認証印刷ソリューション
SBTら3社、オフィスビルへのサイバー攻撃を想定した実証実験 - IoT機器の脆弱性診断を実施
三菱電機とグローリー、ネットカメラを用いた顔認証システムで協業
STM、セキュリティモジュールを実装した車載用プロセッサ
ITとFAのシームレスな連携目指す「Edgecrossコンソーシアム」が設立