Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Autorun」や「Conficker」など古参ウイルスが依然上位 - ESETレポート

キヤノンITソリューションズは、ESETが2月にマルウェアの追跡システム「ThreatSense.Net」で検知したマルウェアの状況について発表した。

マルウェアランキングの上位に大きな変動はなく、1位は前回2位だった「INF/Autorun」で全体の5.53%を占めた。2位は前回トップだった「Win32/Conficker」で、割合は前回の5.38%から3.78%に後退している。

同ウイルスについては、検出数に減少傾向が見られるが、命名規則と統計の測定方法を変更した影響によるもので、実際に検出数が大幅に減少したわけではないとESETでは説明している。

3位以下も小幅な変動にとどまっているが、そのなかで唯一目立った動きを見せたのは「Java/TrojanDownloader.OpenStream」で、前回35位から7位に浮上した。ネット上からほかのマルウェアをダウンロードさせるトロイの木馬で、全体の1.02%を占めた。

また2月は、アイルランドにおいて大手銀行を騙ったフィッシング詐欺が発生しているほか、インターネットラジオ「BBC6」のサイトが改ざんされウイルス感染の踏み台にされたケースや、化粧品メーカー「Lush」が不正アクセスにより顧客情報が盗まれた事件なども発生しているという。

同社が発表したマルウェアのトップ10は以下のとおり。

1位:INF/Autorun
2位:Win32/Conficker
3位:Win32/PSW.OnLineGames
4位:Win32/Sality
5位:INF/Conficker
6位:Win32/Tifaut.C
7位:Java/TrojanDownloader.OpenStream
8位:Win32/Spy.Ursnif.A
9位:HTML/ScrInject.B
10位:Win32/Bflient.K

(Security NEXT - 2011/03/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「WannaCrypt」騒ぎから1年経過するも国内端末の1割に感染リスク
2018年1Qはコインマイナーが2.2倍、ランサムは315分の1に
2018年1Qの「標的型攻撃メール」は101件 - 標的の8割がプラント関係者
国内のMirai亜種感染機器からの通信が3月に増加 - 背景に「akuma」
減少傾向続く新種マルウェア、1カ月あたり4000万件割り込む - 1年間で半数以下に
1割超の企業が過去1年間に内部不正の情報漏洩を認知 - DDoS攻撃も1割弱
フィッシング報告数、前月比約2.3倍に - 悪用URLの増加は限定的
2017年4Qの新種マルウェア、6336万件で過去最悪 - ランサムも大幅増加
マルウェア亜種の減少傾向続く - マルウェアメールの割合は上昇
2017年4Q、不正送金マルウェアが1.6倍に - 年初の70倍