Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Comodoの証明書登録局に不正アクセス - 著名ドメインの不正証明書が取得される

主要ブラウザにおいてルート証明書が搭載されている大手認証局のComodoにおいて、著名ドメインの不正電子証明書が、パートナー登録局経由で発行されていたことがわかった。

不正な証明書が発行されたのは、「login.live.com」「mail.google.com」「www.google.com」「login.yahoo.com」「login.skype.com」「addons.mozilla.org」「Global Trustee」の7ドメイン。

同社によれば攻撃者は、南ヨーロッパの同社パートナー登録局のユーザーIDとパスワードを利用し、不正にユーザーアカウントを作成。証明書9件を要求していたという。

複数のIPから攻撃が行われていたが、おもな発信元はイランのテヘランにあるISPのIPで、一部証明書がテストされた形跡があった。問題のサイトは、テスト直後よりアクセスできなくなっている。

(Security NEXT - 2011/03/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

VMwareの「AirWatch Console」に深刻な脆弱性 - 認証回避のおそれ
携帯キャリアの「+メッセージ」に脆弱性 - アップデートが公開
富士通、マイナンバーカードを活用したボランティア管理の課題調査を実施
「Adobe Creative Cloudデスクトップアプリ」に脆弱性 - 更新がリリース
Android版「LINE MUSIC」に脆弱性 - 修正版がリリース
「Apache Tomcat Native Connector」に2件の脆弱性
Android アプリ「DHCオンラインショップ」に脆弱性
埼玉で廃棄したはずの個人情報、群馬で発見 - 大東建託
常時SSL化に向けてメモリ消費を抑える技術、IEEEで発表 - ペパボ研
全日空のiOSアプリに脆弱性 - 中間者攻撃受けるおそれ