Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Apple、50件以上の修正を行った「Mac OS X 10.6.7」を公開

Appleは、最新版OSとなる「Mac OS X 10.6.7」および「Mac OS X 10.5.8」向けアップデート「Security Update 2011-001」を公開した。

これらプログラムでは、カーネルやターミナルをはじめ、画像処理、QuickTimeなどの脆弱性を解消したほか、フォーマットである「HFS」、スクリプト環境である「AppleScript」、開発環境の「PHP」「Ruby」など、あわせて53件の修正を実施している。

アップデートは同社ウェブサイトよりダウンロードできるほか、セキュリティ・アップデートを通じてアップデートすることができる。

(Security NEXT - 2011/03/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「ZeroShell」に対する脆弱性攻撃、国内でも観測
「XenMobile Server」に深刻な脆弱性 - アップデートが公開
8月修正のIE脆弱性、韓企業狙う標的型攻撃で悪用
「vBulletin」に脆弱性、過去のパッチ不備で問題再燃 - すでに攻撃も
パソコン向け「Adobe Lightroom」に脆弱性 - 更新版が公開
「Adobe Acrobat/Reader」にアップデート - 脆弱性26件を修正
SAP、定例パッチを公開 - 深刻な脆弱性へ対処
MS月例パッチが公開、脆弱性120件を修正 - すでに悪用も
「Chrome 84.0.4147.125」が公開 - 15件のセキュリティ修正を実施
PHPにセキュリティアップデート - 脆弱性を修正