Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

東電、関東近県で計画停電を実施 - 震災の影響で深刻な電力不足

東京電力は、電力供給が需要を下回り、大規模な停電が発生することを避けるため、特定地域を交代で停電するいわゆる「計画停電」を、3月14日以降実施する。

同社では、1都8県を地域ごとに5グループへわけ、第1グループについては「6時20分から10時」、第2グループは「9時20分から13時」、第3グループは「12時20分から16時」、第4グループは「13時50分から17時30分」、第5グループが15時20分から19時」に3時間程度の停電を実施する。

また第1グループについては「16時50分から20時30分」、第2グループは「18時20分から22時」まで2回目の停電を予定。ただし、需給状態によっては2回目の停電は行わない可能性もある。

グループの詳細は、ウェブサイト上から確認することが可能。同社では、状況によって予告した時間以外や、異なるグループで停電が発生する可能性もあるとしている。同社では4月末まで計画停電を続ける方針だという。

(Security NEXT - 2011/03/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

患者情報の印字に利用したインクリボンが所在不明 - 中電病院
委託業務の電話勧誘で録音改ざん、管理者指示で - りらいあ
オリコのクレカ不正申込対策で実証実験
低消費電力通信「Bluetooth」に複数脆弱性 - なりすまし攻撃「BIAS」が判明
個人情報を別業者へ誤通知、システム障害影響で - 九電
個人線量データを誤送信、個人番号も - 東電
情報銀行へのデータ提供、7割超が位置情報NG - 「規約すべて読み同意」8%
プログラム改修ミスで料金を誤請求 - 東電子会社
「Emotet」に感染、メアド流出の可能性 - 関電グループ会社
地域向け情報銀行サービスの実証を開始 - 中部電力