Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

東電、関東近県で計画停電を実施 - 震災の影響で深刻な電力不足

東京電力は、電力供給が需要を下回り、大規模な停電が発生することを避けるため、特定地域を交代で停電するいわゆる「計画停電」を、3月14日以降実施する。

同社では、1都8県を地域ごとに5グループへわけ、第1グループについては「6時20分から10時」、第2グループは「9時20分から13時」、第3グループは「12時20分から16時」、第4グループは「13時50分から17時30分」、第5グループが15時20分から19時」に3時間程度の停電を実施する。

また第1グループについては「16時50分から20時30分」、第2グループは「18時20分から22時」まで2回目の停電を予定。ただし、需給状態によっては2回目の停電は行わない可能性もある。

グループの詳細は、ウェブサイト上から確認することが可能。同社では、状況によって予告した時間以外や、異なるグループで停電が発生する可能性もあるとしている。同社では4月末まで計画停電を続ける方針だという。

(Security NEXT - 2011/03/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

個人情報含む廃棄書類が高速道路で飛散 - 関西電力
ビル設備の閉域網、時間かければ侵入可能 - 省エネモニターに踏み台リスク
制御システムのセーフティとセキュリティ実現に向けたガイド - IPA
特別高圧の顧客向け案内メールで誤送信 - 中部電
太陽光発電メーカー4社へ顧客情報を誤送信 - 中国電力
PSK利用のWi-Fiが退職者の不正侵入口となったケースも - PwC-CSがリスク評価サービス
ジェムアルト、指紋認証に対応した決済カード
NICTやPwC-CSら、重要インフラのサイバー攻撃対策技術で共同研究
福島原発事故の損害賠償請求者に関する個人情報を紛失 - 東電
JUIDA、ドローンを活用した物流の安全運用に向けたガイドライン案を公開