Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

IPA、家電や重要インフラなど注目4分野に焦点をあてたシンポジウムを開催

情報処理推進機構(IPA)は、2月24日、25日に都内で「IPA情報セキュリティ月間記念シンポジウム2011」を開催する。

同シンポジウムは、同機構の取組みを発表するイベントで、国内外のセキュリティに関する有識者による講演やオープンディスカッションを予定している。

取り上げるテーマは、情報セキュリティのなかでも影響が大きく、注目が集まっている「家電」「自動車」「中小企業によるクラウド活用」「重要インフラおよびスマートグリッド」の4分野へ焦点をあてている。

会場はベルサール飯田橋。定員はそれぞれ300人で参加費は無料。同機構ホームページの参加受付フォームにて参加を受け付ける。

(Security NEXT - 2011/02/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

AIに関する課題、「理解不足」が約7割 - 導入効果への不安も
情報処理安全確保支援士の合格率は16.9% - 平均年齢は35.3歳
全日空のiOSアプリに脆弱性 - 中間者攻撃受けるおそれ
CMSの「Zenphoto」にコード実行の脆弱性 - 最新版で修正
IPA、セキュリティサービスの基準適合リストを作成へ - 審査機関も募集
経産省、「情報セキュリティサービス基準」を策定 - IPAが台帳作成へ
H2Oにログ処理にバッファオーバーフローの脆弱性
フォトブログ「Pixelpost」に複数脆弱性 - すでに開発は終了、利用中止を
経産省とIPA、セキュリティに関する情報交流の場を提供
ウェブサイト開設時に注意したいセキュリティのポイントを解説 - IPA