Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

顧客伝票ファイルを紛失 - 無印良品

無印良品横浜ジョイナス店において、顧客情報含む「お直し承り伝票」61件が所在不明になっている。

紛失したのは、1月2日から25日の間に直しを受け付けた顧客60人分や2010年11月3日に受け付けた1人分の氏名と電話番号が記載されていた伝票。

同店を運営する良品計画によれば、1月27日8時ごろ、従業員が伝票ファイルを事務所から店頭レジ台付近に移して開店作業を行ったが、開店時にファイルを紛失していることに気付いたという。

伝票には氏名しか記載されていないため、個別に連絡が取れないという。対象となる顧客には、商品引取り時に報告するほか、店頭やホームページで告知をするなどの対応を行う。

(Security NEXT - 2011/01/31 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

印影など含む伝票綴りが所在わからず- 鳥取銀
顧客情報含む伝票を箱ごと紛失、誤廃棄の可能性 - 南日本銀
廃棄伝票が運搬中に落下、一部未回収の可能性 - パロマ
印影など顧客情報含む約5000件の書類が所在不明 - 大和証券
顧客情報含む伝票綴りが所在不明 - コザ信金
印影など顧客情報含む伝票綴りを紛失 - 旭川信金
委託先で車両盗難、個人情報や水道メーターが被害に - 川口市
「古物取引承諾書」を保管期限前に誤廃棄 - ブックオフ
委託先が個人情報含む伝票を紛失 - 横浜市水道局
印影など含む伝票約2.2万件が所在不明 - JA札幌