Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

MDISのプライバシーマーク認定が2カ月間停止 - 図書館システムによる個人情報流出で

プライバシーマーク制度の認定指定機関である情報サービス産業協会は、三菱電機インフォメーションシステムズ(MDIS)における同マークの付与認定について、2カ月間停止すると発表した。

同社が開発した図書館システムに個人情報が混入し、約3000人分の図書館利用者情報が漏洩した事故を受け、情報サービス産業協会のプライバシーマーク審査会が措置を決定、同制度を運営する日本情報処理開発協会のプライバシーマーク制度委員会が承認したもの。

今回の一時停止措置ついて情報サービス産業協会では、図書館利用者、関連する地方自治体や住民に不安を与えたり、同制度の信頼を傷つけたとし、2011年1月24日から3月23日までの2カ月間、認定を停止する。

措置の期間中、同社ではプライバシーマークを利用できなくなり、是正状況によっては停止期間が延長される場合がある。措置終了後は再びロゴを利用することができる。

(Security NEXT - 2011/01/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

個人情報関連の事務処理ミスを公表 - さいたま市
小学校で図書館利用データ含むHDDが所在不明 - 大阪市
抽選結果の通知メールを誤送信、メアド流出 - 都立図書館
図書館サイト停止、情報流出は否定 - 川崎市
市立図書館に不正アクセス、メール送信の踏み台に - 富山市
図書館システム「LIMEDIO」に脆弱性 - 緩和策がアナウンス
図書館からボランティアへのメールで誤送信 - 鎌倉市
イベント申込者情報をサイト上で公開 - 宮崎県立図書館
テスト用メルアカに不正アクセス - 小松島市
メール誤送信で利用者3294人分のメアド流出 - 兵庫県立図書館