Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

MDISのプライバシーマーク認定が2カ月間停止 - 図書館システムによる個人情報流出で

プライバシーマーク制度の認定指定機関である情報サービス産業協会は、三菱電機インフォメーションシステムズ(MDIS)における同マークの付与認定について、2カ月間停止すると発表した。

同社が開発した図書館システムに個人情報が混入し、約3000人分の図書館利用者情報が漏洩した事故を受け、情報サービス産業協会のプライバシーマーク審査会が措置を決定、同制度を運営する日本情報処理開発協会のプライバシーマーク制度委員会が承認したもの。

今回の一時停止措置ついて情報サービス産業協会では、図書館利用者、関連する地方自治体や住民に不安を与えたり、同制度の信頼を傷つけたとし、2011年1月24日から3月23日までの2カ月間、認定を停止する。

措置の期間中、同社ではプライバシーマークを利用できなくなり、是正状況によっては停止期間が延長される場合がある。措置終了後は再びロゴを利用することができる。

(Security NEXT - 2011/01/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

宮城県図書館サイトにDDoS攻撃 - 特定国より認証ページに大量アクセス
不正アクセスで不祥事対応の内部情報が流出 - 高知県立大
教員が関係者情報含むPCをスペインで盗難被害 - 九大
市立図書館が個人情報含む予約カードを紛失 - 堺市
「サイバーセキュリティ月間」の「キックオフサミット」が開催 - ニコ生でライブ予定
JPRS、学習書籍「インターネットのひみつ」を小学校や図書館に寄贈 - 電子書籍も公開
千代田区の図書館サイト、1カ月にわたり公開停止
図書館のウェブサーバから個人情報流出の可能性 - 島根大
学生の個人情報含むUSBメモリが所在不明に - 大阪工業大
詐欺メール送信の踏み台に、2カ月経たず再発 - 大阪府立図書館